2017
08.25

吉塚商店街、だるまの天ぷら

ヒルトンへ来る時はタクシーを使ったけど、チェックアウト後はどうしよう。ラウンジで天神行きの路線バスがないか聞いてみると、あるでないの。しかもホテル直結なので、雨に濡れることなく、直射日光にもあたることなく、座って待てるベンチもついているというありがたさ。
路線バスを待っていると、空港からのシャトルバスで運ばれてきた航空会社のスタッフが到着。シンガポール航空もタイ航空もヒルトン使っているのね、豪勢だわ。


2017年7月現在のバスの時刻表。博多駅行きなんかもあります。平日は最寄り駅までのシャトル運航がないので、助かるかも。


W1という番号のこのバス、驚愕したことに高速に乗りました!無料区間だけの利用かと思いきや、ちゃんと料金所を通っていました。路線バスで高速走るのは初めての体験。


またしても帰ってきた天神南。この日からダンナが泊まる予定のホテルにスーツケースを預けまして。身軽になったところでお昼を食べに行きます。天神南からバスに乗って吉塚という場所で降り、少し住宅街に入ると、そこは昭和チックな商店街。


はしご酒の聖地、立石を彷彿とさせるわ。私が子供の頃はこういうお店におつかいに行ってたっけな。肉は肉屋で、魚は魚屋で買うのが普通だったもの。


お目当てはこちらの平和蒲鉾。リッチモンドでダンナを待っていた時、1階のソファ席に本が置いてあり、何気なく手に取ったのが、芸人の博多華丸さんが福岡のおいしいものを紹介した「食べずに終われんばい!」でした。そこで絶賛していたコロッケに興味が湧いて来てみたの。彼は出演したテレビ番組の中でも、「いっちょー変わらん。バリうまい」「ここにハンモック吊るして住みたい!」と言ってたそうだ。


もう仕事先に向かわねばならないダンナはランチしていきたいと。朝ごはんをヒルトンで食べてきたので、ちょっと早めのこの時間帯は厳しいかも~。


でもメニューを眺めていたら、定食のごはんなしもできるんだわ。これならいいかも!という訳で「魚定食・ごはん味噌汁ぬき 800円」を頼むことに。魚3品・いか・野菜3品だそうです。ダンナは「ミックス定食 小ごはん 860円」を。こちらの内容は魚1品・ぶた・小エビ・ホタテ・野菜3品ですって。入口で食券を買う方式です。「心ゆくまでエビの天ぷらを食べたい方向けのエビ盛合定食 800円」とか「穴子の1本揚げ入りの穴子定食 650円」もそそりますねえ。


塩辛とかお漬け物とかテーブルにあって、好きなだけとれるようになってます。私は食べなかったけど、塩辛はしょっぱめと書いているひとが多かったかな。


ごはんのおかわりは100円均一。どのサイズでもっていうところがざっくりっですね。


定食はこのカタチでスタート。あがったモノから順次テーブルまで持ってきてくれます。こりゃカウンターの方がよかったかな。


独特のあま~いタレと天ぷらがあいますねえ。庶民派のがっつりとした味、好きだなあ。


このあとタクシーで博多駅に出て、ダンナと別れました。彼は仕事があるし、私は猫らがいるので一足先に帰ることに。福岡空港のラウンジは超絶久しぶり。


場所柄、焼酎がおいてありますねえ。那覇空港のサクララウンジにも泡盛があるものね。


復路も定時出発で優秀だわ。離陸のためゲートから遠ざかる機内より、福岡空港をパチリ。


初めての福岡旅、楽しかったなあ。魚はうまいし、東京よりは物価も安いし。ただ、夏の湿気は東京よりもきついかもしれないな。最近はどこへ旅行しても「移住先としてはどうかしら」としか思えない私は、「ここは再訪あり」と脳内に付箋をつけました。
関連記事
スポンサーサイト




back-to-top