--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
10.16

やよちゃん、みんなさびしいよ

日曜の朝、かかりつけの病院に転院したやよちゃん。娘は午後から「心配だから顔見て来るね」と言って、面会に出かけました。看護師さんの話ではずっと落ち着いて寝ていたそう。


娘が行くと、「ああ、姉さん」と甘えた顔になった。体調悪くても嬉しかったんだね。酸素室に入っていたので、扉を開けて撫でてあげることはできなかったそう。


容体が落ち着いていたら、写真送ってと頼んでいた。娘が帰るときに撮ったやよちゃんがこれ。すごくきれいな顔で、静かな目をしている。大好きだった娘に最後のお別れをしたんだろうな。


夕方病院から電話があった時も、痛み止めも効いていて落ち着いていますよとの話で、私たちも朝一番に面会に行こうねって話していました。が、夜20時30分過ぎに病院から着信があり、急変したのですぐに来てという連絡でした。タクシーで駆けつけると、もうやよちゃんはぐったり横たわって苦しい呼吸をしていた。一度心臓が止まったそうだ。そんな!血栓が詰まっても、予後が悪くても、せめて一度は退院してうちに帰れると信じていた。こんな急にお別れなんて、現実が受け入れられない。
強心剤を打たれて大きく痙攣するやよを見ているのもつらいし、これ以上苦しませたくないから人工呼吸を停止してもらい、息をひきとるまで家族みんなで声をかけ続け撫でてやりました。もう意識はなかったのかな?とうさんかあさんの声聞こえたかな?

やよを連れて帰宅したあと、娘に花を買って来てもらいました。まるで寝ているようなやよ。


私たちはリビングに座り込んだまま、動けず。涙だけがとめどなく流れて。前日の夕方まで元気にしていた子がこんなことになるなんて。二度とやよちゃんの声を聞くことがないなんて。

次の土曜日に火葬の予約をし、一旦お寺に遺体を預かってもらいました。最後にうちを出る前にマシュに「やよちゃんとさよならだよ」と箱を見せたら、マシュは唸っていた。やよちゃんだってわからなかったのかな。病院にいたし、死んでしまったからもう違う匂いになっていたのかも。

土曜日曜と私たちがバタバタしていたから、マシュなりに怯えていたんだろうか、ごはんを食べなかったりしました。落ちつかずうろうろし、多分やよちゃんを探しているマシュ。


やよが好きだった場所ばかり。


普段は絶対に上がらないクッションでしんねりしている。やよちゃんの匂いがするんだろうなあ。「やよ姐さんはもう戻らないんだよ」と言い聞かせていて、また涙がぼろぼろ出ました。


この週末、お寺で火葬してもらいました。やよちゃんのピンピンしたおひげ、よく聞こえるお耳、かわいいお口、小さなまだ柔らかいおてて。優しくなでてやって最後のお別れをしました。もう魂が宿っていないのはわかっているけど、愛しくて悲しくて言葉になりません。小さなひまわりを束ねたもの(やよちゃんが好きだった季節が夏だったから)と、お気に入りのおやつを添えて、やよちゃん、本当にさようなら。


焼いたあとお骨を拾い、骨壷に入れてやりました。小さなステンレスのケースに爪を数個入れたのを下さいました。これでどこへいくにも一緒だね。
お寺から、獣医さんのところに立ち寄り、院長先生にご挨拶に伺いました(あの時院長先生はご不在だったので)。やよちゃんが亡くなった時は病院が閉まっていたので、お会計は後日と言われていたのです。亡くなるつい1週間前にも診察受けていましたが、エコーで血栓がないことを確認して、雑音もなく安定していてきちんと管理されているなあと思っていて、急な病変に院長先生も驚いていらした。猫の肥大性心筋症による血栓のつまりはほぼ後ろ足だそうですが、やよちゃんの肉球は低酸素状態ではなかった、とてもレアな症例だけどものすごく細かい血栓が肺に詰まって肺水腫を引き起こしたようだとおっしゃってました。少なくとも呼吸が荒くなった時点で救急病院に駆け込んで処置をしてもらい、その後も病院で見守られていたので、痛みや苦しみはそれほどなかったはずですよと聞いて少しほっとしました。後ろ足に血栓が詰まってしまった時はあまりの激痛でショック状態になる子もいると読んで、それだけはありませんようにと願っていたから。

お骨になってしまったけど、おうちに帰ってきたね。病院が送ってくださったお花の横にそっと安置しました。


先生とお話しした時、「やよいちゃんは噛まない子だってすぐわかってカラーを外しましたよ」っておっしゃってました。ひとを噛むことなんてない、引っ掻かれたこともない。あとから来た猫らに躾をし、しっかり者だった。優秀なハンターだったので、昔だったらさぞかしねずみを狩って重宝されただろう。ひとの言葉もずいぶん理解して、感情豊かで、仕草や声で自分の気持ちを伝えることが上手だった。おしゃべり好きな賢い子だったな、あんな子にはほかにいないだろうな。

泣いて泣いて泣きつくした1週間。いまだやよちゃんがいないことに慣れない。お膝に乗って甘えるお顔、かあさん見たいなあ。
犬でも猫でも、あの子たちは本当に純粋で、打算もなく見返りも求めず、ひとに愛してもらうことだけが喜びなんだ。私たちは与えてもらった幸せ以上のものをあげることができていたんだろうかと、後悔の気持ちばかり。
やよちゃん、やよちゃん、やよちゃん。みんな、本当にさびしいよ。魂でもいいから、もう一度だけでいいから、あの子に会いたい。
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。