2017
11.10

田んぼアート続き、弘前スーパーホテル

次に向かった田んぼアート第1会場は、田舎館村役場です。ずいぶん大胆な外見の役場でして、遠くからもよく見えました。約400年前にこのあたりを治めていた武将にになみ、建物全体が城に見えるよう設計されたそう。


会場が市内にあってアクセスしやすいせいか、こちらは長蛇の列ができてました。エレベーターで展望台に上がるまで30分くらい待ったかしら。2017年のお題は日本神話から。スサノオノミコトがヤマタノオロチに立ち向かうクライマックスシーンです。


こんな巨大な絵なのに、なんて緻密な。風が吹くと稲穂が揺れて、ヤマタノオロチがうごめいているように見えます。


1993年に3色の稲でスタートしたという田んぼアートは年々技術が向上し、今では7色の稲を使いこなしてるんです。


このほかに、赤穂、白穂、なんてのも。ブランド米の青天の霹靂も植えてありましたわ。


弘前はりんごの生産量日本一でして、アップルパイガイドブックを出してます(2017年現在第10版)。市内で提供されているアップルパイを47種類も掲載しています。※PDF貼りました。


甘味、酸味、シナモンの風味の強弱を1~5段階で表示しているそう。私は食べログで調べて人気だったお店に買いに行きました。

きれいなケーキがずらり並ぶショーケース。でも目指すはアップルパイなのだ。


マカロンもこんなに種類がありました。


最近のスーパーホテルはお部屋の鍵がなく、パスワードを入力します。


弘前のスーパーホテルは、駐車場が徒歩5分ほどの場所にあり、ちょっと不便かな。ダブルベッドと二段ベッドの組み合わせが特徴的なこのホテル、家族3人連れには便利でして那覇や石垣島では何度か使いました。


テレビに冷蔵庫に狭いながらも一通り揃い、寝るだけなら全然問題ないです。私たちこの旅行中スーツケースを車から降ろすこと1度もなかった。1泊分の身の回りの物だけ持って泊まるのは身軽で楽だったな。


3点セットの水回りですが、新しくてきれい。サイトからの直予約で、税込1万円でした。大浴場は天然温泉でして、その上朝食無料ですから満足度が高いわ。


チェックインの時に、好きなアメニティを5つ選べます(これは後日泊まった千葉スーパーホテルのものですが、内容にそんなに違いはないかも)。


枕も各種取り揃えてあり、好きなものを選べるんです。ここのスタッフのみなさんはみなとても感じがよくて、特に好印象。
関連記事
スポンサーサイト




back-to-top