2013
03.17

鎌ケ谷大仏 天庵(蕎麦)

松戸南部市場から、柏のイチゴ狩り園に移動したあとは

お昼を食べようってことになったんだけど、いかをせん周辺道路は大渋滞。
松戸から市川、柏の三角地帯は幹線道路以外の細い道も、ホントに混み混み。
とりあえず船橋に抜けようと思う。

途中にいい評価のお蕎麦屋さんがあるし、お昼も15時30分まであいてるみたいだから。


余裕の到着だったはずが、のろのろ運転のせいで、着いた時はもう15時。
photo:01



店内にお客さんがいなかったので、もう終わってしまったかと

恐る恐る入ってみると、やっぱり!
「せっかく来てくれたのに、すみませんね~」の声に、私たちがよほど

落胆した顔をしてしまったのだろうか、ご主人がせいろでよければできるけど

と言ってくださる。
ありがたや!


今日はいつになく混んでいて、普段なら14時30分には火を落として

営業を終えてしまうんだけど、さっきまでお客さんがいたから。。。とのこと。

食べログの情報、ちょっと修正報告入れておかないとだわ。


photo:02


お蕎麦は端境期のため、香りが少々弱かったけど、普通の十割蕎麦と思って

食べたら、びっくりするだろう。

しっとりと腰があり、しかももちもち感も。

ここはつゆがとても美味しい。

2年物の枯れ節を使ってらっしゃるとのことだけど、旨味成分をこれだけ

引き出すには材料にこだわるだけでなく、手間暇かけているのだろうというお味。

塩梅がまたいいの。しょっぱすぎるつゆは、私苦手だわ。


二度びっくりしたのは、蕎麦湯を飲んだとき。

これは、お粥のようにまったりと、滋養たっぷりの蕎麦湯だわ。

打ち粉を使って、わざわざ蕎麦湯を作っているというんですもん。

終わりに駆け込んできたのに、イヤな顔一つせず、お蕎麦を食べさせてくれた

ご主人と、にこにこ迎えて下さった奥様。

心が温かくなりましたわ。


ダンナは大盛り、私と娘は普通盛りのせいろが3つで、お会計3200円也

ごちそうさまでした。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/153-febd12dc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top