--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018
03.26

久々リゾート滞在

お友達とグアムでダイビングのCカードを取ったのはもうえらいこと前。その頃買っていたダイビング雑誌で知った場所は、当時の私の憧れの地だった。絵に描いたような風景と信じられないくらいの透明度。


LCCが飛んでるし、安上がりにセブ島にでも行ってくるかね~と予約を入れたのはこの2月。ガイドブックを見ていたら、懐かしい名前を見つけた。エルニドかあ。。。確かかなりアクセス悪かった記憶が。でもGoogleマップにエルニド空港というのが表示されるので、調べてみたら2016年から新しく直行便が就航してマニラからもセブ島からもアクセスできるみたい!ならば年末のフィリピンはこんなルートにしてみようかしらと。


AirSWIFT(エアスイフト)のHPはわかりやすく、誰でも簡単に購入できます。AirSWIFTが就航する前は、パラワン島の空の玄関口であったプエルトプリンセサ空港から小さなバン(5~6時間)か、エアコンなしの公共バス(8~9時間)でエルニド入りしていたというから驚き。道の状況もよくないだろう上にそんな乗物で長時間乗ったら、おしりが4つに割れちゃうわ。
※エルニド空港は、従来はミニロックとラゲンというオールインクルーシブな超高級リゾートに滞在するゲストのための専用空港だったんですって。


新しくプエルトプリンセサ空港とエルニド空港を結ぶ便も飛ばすようですね。パラワン島は広いからこの便は需要が出そう。月水金日の週4回、1日1便で1700~2500PHP(フィリピンペソ)というから3400円から5000円くらいの価格帯。


セブ島→エルニドは年末年始はデイリー運行していない上に1日1便しかないので、まだ3月だけど予約しちゃいました。
しかしAirSWIFTさん、エルニド・マニラ間の預け荷物は20㎏までとかなり太っ腹なのですが、セブ島・エルニド間は機内持ち込み荷物は7㎏、預け荷物は10㎏です。とても足りないのであと10㎏分を購入したはずが反映されてないなあ。あれこれネットで探していたら、見つけましたとも。私たちと同じように困っているひと。


なんでも「info@air-swift.com」宛に「for the prepaid baggage」というメールを送ってリクエストすればいいみたい。事前購入した追加荷物重量が記載されたE-Ticketを送り返してくれるそう。
搭乗4時間前まで受け付けてくれるので、近くなったら買い足そうと思います。
ちなみに、カウンターで重量オーバーが発覚すると、PHP 200.00 per kiloですが、事前購入ならば
5 kilos – PHP 120 per person per way
10 kilos – PHP 200 per person per way
20 kilos – PHP 320 per person per way
とお安くすみます。
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。