2018
04.06

ようやくウチが売れたのだ

自宅マンションの売買契約&決済、新しく購入した自宅の売買契約&決済が同時進行になってしまい、大混乱な春です。引っ越し先の物件を購入した先はいかにも「町の不動産屋」さんっぽい仲介業者さんで、融資付には積極的には関与しない方針でした。ダンナのかわりにいくつかの金融機関に打診してまわり、なんとか住宅ローンを組むことができました。最終段階になって発覚したあるできごとのせいで火を噴くはめになりましたが、元の勤務先に駆け込んで丸焼けになる前に消し止められた模様。職業柄自分にその手の知識があったのもラッキーだったけど、無理を聞いてくれた先生には感謝しかない。

不動産というのはホントにご縁だから、予算や立地や間取りなど、すべてを気に入って「買おう!」と思う物件に巡り会えるかは運次第ですよね~。私たちも相当数住宅を見て回りました。ネットに載っている中古戸建のあるある、接道が悪くて再建築不可とか、私道の代わりに敷地協定とか、登記してない増築とか、建ぺい率オーバーとか。当たり前だけど、値段が安い=訳ありでして。住む分には困らない気もしますが、致命的なことにこれらの物件は住宅ローンが使えません。現金決済できるひとか(さもなくば事業用ローンを組んで賃貸に出すひと)以外は買えないのだ。

自宅マンションが売れ、昨日はその決済でした。自分の通帳に数千万単位の金額が印字されるのって、これが最初で最期でしょう。このお金は新しく立ち上げた法人に移す予定。
会社の設立登記の準備のため、先週はホントに忙しかった。「ひとりでできるもん」というサイトは優秀で、指示通りにやるべきことを順番にこなしていけば、猿でも法人を作れちゃうだろう。申請から3日目に登記完了したので、印鑑登録するついでに登記簿謄本ももらってきました。
経理のことも税金のこともまったく知らない私が会社なんてできるのかしらねえ。。。とは言え、言葉がカタコトの外国人だってちゃんと日本で商売をしているんだから、日本語が堪能(笑)な私にできない訳がないじゃない!と強気でいくつもり。なんとかなる、なんとかなる。
関連記事
スポンサーサイト




back-to-top