2018
08.11

Mount Field National Park(マウント・フィールド国立公園)

目的地に向かっている途中、明らかに道路の様子がおかしくなる。Google先生は私たちをいずこに導こうとしているのか。。。道はついに車1台しか通れないような幅になり、土煙の中砂利を跳ね上げひた走る。やっと大きな道路に出た時は心底ホッとしました。


ここはビジターセンター。タスマニアは全体の20%が原生地域のまま残っていて国立公園が17カ所もあるんですって。その多くが世界遺産にも登録されているといから驚き。


森林浴にちょうどいいお手軽コースは、駐車場入口から15分で到着するラッセル滝への道。案内板も多く、迷うことはほぼないです。


ユーカリの一種である背の高いスワンプ・ガムがたくさん。


広さ1万6,000ヘクタールと広い国立公園内には、シダやユーカリの森が広がってます。森の中は本当にいい香りがして、いくら深呼吸しても飽きないわ。


Russell Falls(ラッセル・フォールズ)にやってきました。落差40メートルほどあるそうで、階段状になった滝を水が幾重にも流れ落ちている。なんとも涼やかな雰囲気ですね。


鬱蒼としたシダの森も一見の価値ありです。ホバート市内からもアクセスよいこんな場所、うらやましいなあ。


ラッセル滝からもう少し奥に足を伸ばしてトールツリー・ウォークというルートで森歩きしてみました。巨大なユーカリは樹高80メートルにもなり、数百年の樹齢だそうです。この木は大人10人くらいで手を繋いでようやく囲める太さ。。。


トールツリー・ウォークを歩いていると野生のワラビーを2回ほど見かけました。予備知識がなかったのでとっさに動けず、写真も撮れなかったわ。あのひとたちは乾燥した草むらを跳ねてるイメージだったけど、こんな湿っぽい森の中に住んでいるのねえ。
関連記事
スポンサーサイト




back-to-top