2018
09.10

春のお散歩(神戸)

Category: ├国内小旅行
野暮用があり、神戸へ出かけました。飛行機を使わずに行く関西は久々。


普通の住宅街にも、こんな異国風の建物があるものなあ。これは青い屋根がチャーミングな神戸ハリストス正教会。


旅に出て、ちょっと変わったスタバがあると知ったらなるべく行くようにしてます。スタバのご朱印帳みたいのあればいいのに。神戸北野異人館店です。


こちらは1907年に建築された木造2階建ての住宅。阪神・淡路大震災の被害を受けたので取り壊される予定でしたが、神戸市が建物の寄贈を受けてから解体。その後民間に部材を譲渡して再建移築されたものらしい。


元々の建物の材料を残したので、当時のままの建具やフローリングを活かしてます。部屋ごとに趣の異なる空間を楽しめるのですよ。温かいラテでほっこり休憩のひとときでした。


写真家さんから昔の写真をお借りして、店内で展示する企画を開催してました。


北野は交番すら煉瓦造りですの。高級感ありますね。


入口が分からず何往復もしてしまいました。これがパン屋さんなんて。


Googleマップで調べたÇa marche(サマーシュ)というパン屋さんです。


1組のお客に対しマンツーマンで接客し、パンを取ってくれるシステムです。「どんなパンかな?」「中身はなんだろう?」って聞きたいことをその場で教えてもらえるのはいいわ。


店内でイートインできるので、その場で食べちゃった。ダンナは甘いやつ、私はオムレツをはさんだパン。いやいや、これが驚きの美味しさでして、普段パンはあまり食べないダンナも絶賛。オムレツ以外にもサンドしてある具材とパン生地のバランスが素晴らしい‼️


あ、ステーキの有名店麤皮(あらがわ)発見。新橋にある店も知らなきゃするっと通りすぎますが、こちらも。。。この質素な感じの店がミシュラン二つ星だと誰が思うでしょう。


見上げると、異国風の建物。神戸ムスリムモスクですって。


1935年(昭和10年)に神戸在住のトルコ人、タタール人、インド人貿易商らの出資によって建てられた日本で最初のモスクだそう。誰でも見学自由です。


今年は桜が早かったですね。川沿いのしだれ桜が満開でしたわ。


三宮駅に近い繁華街の中、生田神社はあります。日本最古級の由緒ある神社だそうです。


この日は笛を吹いている女性たちがいました。篠笛の上達を祈願する奉納演奏だったとか。


神前式のカップルがいました。お嫁ちゃんの花飾りが今風でお洒落やー。どうか末永くお幸せに❤️


三宮駅の周辺はショッピング街がたくさんあり、迷ってしまいそう。さんプラザという場所のたこ焼きたちばなさんに来ました。


ちょい早いけどランチ。さっきパンを食べたばかりなので、これくらいがちょうどいい量かも。明石焼き(地元でな卵焼きというそうだ)の専門店です。メニューは明石焼きのみで、着席すると「何人前ですか?」と聞かれます。2人前(20個)をお願いしました。


懐かしの飛行機修行中、羽田伊丹間を1日3往復なんて日は、搭乗口付近に明石焼き出す店があってそれを食べるのが楽しみだったな~。だがしかし‼️ホンモノの明石焼きは無言になるほど美味しかったです。生地の焼き具合やふわとろな食感、お出汁の味、すべてが最高で。あつあつのを頬張るしあわせなひととき。私はノンストップで平らげてしまいました。


このあとはあるセミナーに参加する予定があったので、神戸散歩はこれにて終了。
関連記事
スポンサーサイト




back-to-top