2019
06.04

怒涛のごとく駆け抜けた2018年

昨年9月からブログ止まったまま。久々見てみたら蜘蛛の巣張ってたわ。コメント欄も閉じる設定にしており、ほぼ自分のための備忘録なのですが、たまに見に来てくださる方もおいでで、ありがたい限りです。
前の仕事を辞めてから自宅を売却し、その間賃貸マンションに住んでました。人生の中休み♬と決めこんで、丸1年好き放題引きこもっていました(骨折したせいもありますが…)。合間に次のステップのための本を山ほど読んだり、セミナーに出たり、認定資格を取ったり。

2018年の誕生日に一念発起して、自身が代表である合同会社を作りました。法人の住所はそのタイミングで購入した戸建。賃貸だと大家さんの了承ないと法人登記できないのですよね~、かと言ってバーチャルオフィスみたいなとこな抵抗あったし。
会社のお仕事は不動産賃貸業です。長年やってきた仕事とはかけ離れた内容なので、メガバンクに口座を作るときは相当突っ込まれたっけなあ。設立登記も、会計ソフトをつけることも、税務署に書類提出に行くのも、金融機関に「社長」と呼ばれることも、初めての体験ばかり。

会社設立してからは明けても暮れてもポータルサイトで中古の戸建住宅を探す日々。見つけては不動産会社に問い合わせ、よさそうならばすぐ見に行き(なにせ半ニートなので、フットワークだけは軽い)。交通費がかかるから、どうせ行くならと1日3軒とか内見に行くことも。初心者はまず数を見て勉強だと思って、築古戸建ばかりを見まくりました。購入申し込みをいくつか入れた中で、運よく私が買えることになった家が3軒。自分1人ではリフォームの見積もりも出せないし、買っても大丈夫な家かどうかの判断もつかない状態でしたので、いろんな方の力を借りました。空き家を買って、リフォームして、入居を決めるというこの一連の流れはこの方々のアドバイスなしには到底なし得なかったです。
2019年に入り、会社の決算月までにすべての家で賃料をいただくことに成功。3つのプロジェクトを同時進行してきちんと成し遂げた達成感ったらない!ひたすら縁の下の力持ちだった前の仕事では味わえないものでしたから。

1期の決算書を税務署に出して法人税を納め、さあ今期は何しようと考えてます。セオリー通りならば、まずはいただいた賃料を積み重ねて黒字にしなくては。そもそも自分で会社を作ろうと思ったのは、ダンナが60歳でリタイアしたあと65歳の年金支給開始までどうやって食べていくかと考えたところからでした。あと10年早く踏み出していればよかったよねーと思いますが、これは言っても仕方ないこと…。幸い60歳以降も雇用延長があるようなので、その間に何とか体制を整えたいです。

数年前に占いの先生に「自分で商売をするのに向いている」と言われた時は、まったくもってピンとこなかったっけな~。どんなに考えても自分にできる商売があるとは思えなかったし、何の才能も取り柄もないし。あの時アンタ今に事務所辞めて自分で会社を作るよって言われたら、笑っちゃってたと思う。私的にはそれくらい現実味のない話だったです。
だけど今はやりたいことはたくさん、これから挑戦したいこともいろいろ。2018年の秋からは、自宅の空き部屋に留学生を住まわせてます。外国から来たひととひとつ屋根の下に住むっていうことは意外性と楽しさに満ちていて、食事を提供しなくてはならない大変さが些細なことに思えるほど。大体の要領はわかったので、8月にその子が帰国したあとは、2部屋同時にホームステイを受け入れたいなと思ってマス。

そんなこんなで、旅行の更新が止まっていましたが、今日からまたぼちぼち再開します。2019年もこの勢いに乗って、行き着くところまで進みたいなって。
関連記事
スポンサーサイト




back-to-top