2019
06.14

太古から眺める早朝の景色

小値賀に来るときに乗ったフェリー太古に乗船、ふたたび。


まだ暗い中、太古がゆっくり港に入ってきました。


未明から夜明けへ、時間はゆっくり移っていきます。


しばらく五島列島の中、島の間を通って進みます。オールブルーの水墨画のよう。


ほんの少しオレンジがかってきた空。


島影から太陽が昇ってきました。


蒼かった景色から一転して、みるみる橙色に染まっていく。


このあたり、島が点在している。島と島を結んでいる大きな橋の下を通り抜けて。


夜明けから朝に代わっていく光景を飽きず眺める。


海は凪いでいて、船は静かに進んでいく。まるで夕焼けのようだわ。


2時間半の船旅は終わり、目的地奈留島へ到着。次の港へ向かう太古を見送りました。


さよなら太古。博多からフェリーに乗ったのは、いつか旅行雑誌で見た五島の早朝の風景を見るため。お天気もよくて最高の写真が撮れたなあ。これからレンタカーを借り、奈留島を散策。
関連記事
スポンサーサイト




back-to-top