2019
06.21

キャンピングカーで移動

奈留島から乗船した船は長崎港に近づいてきました。上陸するのは久しぶりだなあ。


長崎はリタイア後の移住地候補として、沖縄・高知とともにリスト入りしている場所。今回は県が後押ししてくれる企画に乗っての長崎入りでした。条件を満たせば1日3000円でこの車を貸してくれます。


いろいろ大変だった「レンタカーで車中泊」ではなく、夢のキャンピングカーです。軽自動車ではありますが。


使わなかったけどテレビも見られます。水道も使えるので便利だわ。


窓にはカーテンついてるし、寝袋も用意されてます。何よりありがたいのは天井に頭をぶつけることなく、ベンチに腰掛けて飲食できることですね!


さっそく高速に乗り、今日の宿泊地に向かいます。


長崎市内から、大村湾を左手に眺めながらのドライブ。佐世保に入ると軍艦がいくつも停泊している港も見えました。


早朝小値賀島を出発して、奈留島に立ち寄り、今は佐世保かあ。長い1日だったナ。


予定していた道の駅に滑り込み、食料調達しました。お酒も買ってお疲れビールです。


翌朝、顔を洗ってさっぱり。1泊したここは「させぼっくす99」。行く前にどこで泊まるか調べましたが、四国のように温泉がある道の駅は、長崎にはないのねえ。


水量の多い川沿いに平戸方面に向かいます。道路と川の水位が同じくらいで、堤防のある川を見慣れていると、ちょっとこわいみたい。


順調にカトリック田平教会に到着。


裏手に回ると墓地があり、信者のひとの多さがわかります。十字架のお墓って、国内では横浜の外人墓地とか小樽くらいしか見たことないから。


レンガ造りの立派な教会ねえ!先日見てきた野崎島の野首教会と同じ鉄川与平さんの手によるものです。


庭も建物も信者さんたちが手入れをし、本当に行き届いているのだ。案内所には訪問するひとのためにひとが詰めていて、説明をしてくださった。柔らかい笑顔は暖かく、もてなしの心を感じてほっこりしました。
長崎県が費用負担しているキャンピングカーで県内を回ると話したら、車内を見せてと言われ、急遽お披露目。確かに!普段キャンピングカーの中とか見る機会ないですもんねえ(笑)。
関連記事
スポンサーサイト




back-to-top