2019
06.26

平戸でランチ、豆腐処若木屋

平戸市がある平戸島と本土は、1977年(昭和52年)4月にできた平戸大橋で結ばれています。天気がもっとよかったら赤い橋が映えただろうに。


1996年(平成8年)3月からは有料道路でしたが、2010年(平成22年)には無料開放されているそう。長さは1キロちょい。


車を止めてぶらぶら散歩しました。海沿いのおだやかな街です。


国の重要文化財である幸橋(さいわばし)は石造りのアーチ橋です。長崎市内でもたくさん見たなあ。


向かったのは平戸市の漁業協同組合です。ここに「旬鮮館」があります。


毎朝、獅子漁港で獲れた天然ものが大きな生簀へ運ばれます。買って持ち帰ることもできますが、私たちのお目当てはランチ。


注文が入るたび、引き上げられていく魚やイカ。


すごくたくさんのひとが待っていましたが、やっと座れたわ。ランチメニューはこんな風に写真入り。


ダンナは「天然ヒラメ定食」1500円なり。身がもっちもちだったそう。


さっき大きな岩牡蠣を3つも食べたので、私はそんなにがっつりはいらないなあ。ということで「鯛茶漬け」700円なり。


ランチの後は、市内の森酒造場さんに出かけてみました。


海外貿易の拠点として栄えた平戸に、明治28年「小松屋」として創業したのが始まりで。現在は4代目社長だそう。


蔵の中を見せていただきました。ブログを書くために調べていたら、つい先日ここのお酒がロンドン酒チャレンジの純米酒部門で金賞受賞したのを知りました。おめでとうごさいまーす。


ドライブの途中で、休憩。佐世保にあるミルキーウェイファームさんというとこが作っているジェラートを置いてました。種類がたくさんあったけど、小値賀名物のピーナッツと、さくらあんこっていうのを選んでみた。思っていたよりもあっさりしてます。


本日は夕方に行きたい場所があったので、それまでは時間ある。瞬間的に佐賀県にもお邪魔してみた。


地元産のフクユタカという大豆でお豆腐を作っていらっしゃる。大人気で買うのも行列でしたわ。今調べたらテレビ番組「人生の楽園」にも出演なさっていたのね。


今晩のおつまみに豆腐とごま豆腐を買いましたが、1番食べたかったのはネットでめっちゃ病みつきになると書かれていた豆腐ナゲットです。あつあつを買って、車に乗ったらすぐに食べてしまったので、写真はないのだ。


小腹を満たして満足。心配していたけどお天気もOK、そろそろ写真を撮りに向かいますか。
関連記事
スポンサーサイト




back-to-top