2019
07.10

宝石の国

長崎を走っているときは海辺を見ることが多かったなあ。日常生活で海が見えることなんてないから、それだけでなごむ。。。


温泉もあちこちで見かけました。車で走れば山も海も温泉も近い暮らし、なんてうらやましい。


空港へ向かう途中でなんか食べようと、早めのランチ。諫早市の「うなぎ割烹 北御門」に立ち寄りました。


11時開店でしたので、私たち一番乗りです。広くてきれいな店内。


1日限定10食だという満福丼(まんぷくどん)
に目が釘付け。蒲焼2切れに、ボリュームたっぷりの出し巻き卵が乗って1620円でした。追加料金で蒲焼を3切れ、4切れと増量することも可能でした。出し巻き卵、好物なので最高の丼(^^♪


お店独自の赤楽という容器は、二重底にお湯を入れて少し蒸すことによって鰻が柔らかくなり、最後まで温かいままで食べられるように工夫したもの。


諫早名物だという楽焼うなぎ。ダンナが頼んだ梅ご膳は、鰻が4切れ入って2160円。ふっくらしていてなかなか美味しかったそう。


無事に空港の近くまで来て、あとは車を返すだけ。森園公園に立ち寄りました。


前日ネットで見たこの場所がすごく気になったから寄っていくことにしたのです。「ええっ、これバズってるけど明日通るとこじゃん」と思って。


ガラスの粒が太陽の光を浴びてキラキラしてます。さすがビンのリサイクルでできた砂、いろんな色があるね。踏んでもけがはしないよ。


ガラスの砂をまいたのは、大村湾を浄化するためだそう。粒が大きい人工砂にはアサリの幼生が着床しやすい→二枚貝は海中のプランクトンを食べて海水を浄化する→アサリが増えると水質が改善される、というわけ。
娘が「宝石の国」の作者さんのファンなので私もこの作品は知っていた。LINEで画像を送ってあげたら大喜びしてました。


ここは木陰や緑の丘があっていい公園。返却する寝袋を干してたたんだり、荷物を整理整頓したり。車での移動が長くなると、散らかっちゃうものですね。


チェックインすると、乗るはずだった便が遅延になってました。長崎はサクララウンジないのよねえ。。。と思ったら、ひとり500円の喫茶券をいただきました。


この旅行中は五島うどんや干ししいたけくらいしか買ってないので、お土産を物色しに。時間がたっぷりできたのでかえってよかったかな?空港内にスタバがあったので、普段は飲まないもの飲んでみようと、ユズシトラスティーなんて頼んでみた。


8日間の長崎旅行もこれでおしまい。集中的にひとつの県を見てまわる機会はあまりないから(北海道と沖縄は別として)、興味深かったです。1年遅れの日記にお付き合いいただいた方は、見てくださってありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト




back-to-top