2019
08.13

THE DECK@香港

翌朝エアポートエクスプレス駅でチェックインして重い荷物を預け、身軽に空港へ向かいました。いつ使っても最高に便利だナ、台北でも大手航空会社に適用してくれたらいいのにといつも思う。


ゆうべ調べていたんだけど、キャセイの出発するターミナル1のディズニーストアは、朝7時からオープンしているみたい。


友人の息子ちゃんがmarvel好きなので、グッズを買いたいそう。この時はMCUのMの字も知らなかったワタクシ。まさかそのあとハマるとは、人生つくづく先はわからないものよの。


友人はかなりかさばるお土産を買い、日本まで持ち運ぶの苦労しそうだ💦私もディズニーファンの友人へ香港限定グッズを買い、ラウンジへ向かいます。


場所は17番ゲートの前あたりですね。名前は「THE DECK」です。


私たちが行った時は、「2018年3月22日にリニューアルオープンしたばかりの最新ラウンジ」でした。


この時のヌードルバーでのメニューはこんな感じ。Dan Dan Noodle(担々麺)、Wonton Noodle(雲呑麺)、Braised Vegetable Ramen(野菜ラーメン)などの麺類。点心はProk & Cabbage Bun(肉まん)、Twist Bun(花巻)、Dumpling Meat Chaozhou(潮州粉果)、Dumpling Vegetable(野菜餃子)でした。残念ながら時間がなくて食事はスルー。


シャンパーニュはG.H.Mumm。キャセイさんはビジネスラウンジでシャンパーニュが飲めるので嬉しいのだ。


友人はビールで。香港でビールといえば長いことサンミゲルかチンタオでしたが、最近はクラフトビールが熱いです。このブルワリーは「Hong Kong Beer Co.」で、途中からクラフトビール醸造に転換したんだそう。


新しくてきれいですねー。私たちがくつろいでいるのはラウンジの一番奥のスペース。


このラウンジには特徴的なテラス席があり、搭乗ゲートが見渡せます。


朝10時発の便でしたので、あまりがっつりした食事はありませんでした。


あれ、見たことないな?と思ってましたが、あとから調べるとこの紅茶はJING TEA(ジンティー) 。2004 年、英国人のアイスラーさんが「最高品質の TEA を英国に根付かせ たい」という思いで英国で創設された新進気鋭の高級紅茶ブランドだそうで。


ジュース類の並び方が美しいわ。


では台北行きに搭乗しましょう。モニターは多国語対応でして、また1本映画を見ちゃう。
関連記事
スポンサーサイト




back-to-top