2019
08.17

SPA、緑豆蒜啥咪、度小月

香港→台北は短い路線ですが、機内食がちゃんと出ます。紙袋におまとめされて渡されました。


この便では、「インド式菜食」をリクエストしてみました。レガシーキャリアはJAL以外にあまり乗る機会がないので、試してみたくて。インド式菜食とは、スパイスが多く使われており、一部乳製品使用。肉、魚、鶏肉、ラードまたはゼラチン、卵は一切使わないタイプだそう。


お友達のノーマルバージョンはこんな風。チャイニーズBBQチキンのパンでした。


広々した桃園空港に着。


毎度のことですが、スーツケースが三段重ねになって出てくるこれ、一番下だとピックアップするのに力がいります。キャセイが荷物にプライオリティタグをつけてくれたおかげで早々に出口へ向かいます。


空港から市内に直行でいけるので楽になったわ。


台北駅に到着し、MTRに乗り換えます。


駅の通路にはお弁当屋さんが。一度ここのベジタリアンのを食べてみたいのだけど、いつトライしても売り切れなんだ。電車グッズも売っていました。


いつものお宿であるホテル73(新尚旅店)にチェックインしました。日本語が話せるひとがいるのも便利だし、カウンターの女の子たちみな親切で優しいし。ロビーには飲み物が置いてあるので、喉が渇いてた私たち、さっそくごちそうになりました。


軽食まで置いてあり、ちょうど小腹のすく時間帯、こちらもつまませてただきました。小さなホテルなのに、こんな気配りがあって嬉しいのです。


いつものシングル2つのお部屋。リネン類も清潔でパリッとしてる。


窓際はずっとテーブルになっていて、手回り品を置くのに便利なの。金庫も冷蔵庫もあります。


コンプリメントウォーターのほか、スナック菓子も無料です。部屋飲みしているときに何度かいただきました。


16時に予約していた「More Young Spa」さんにやってきました。LINEでメニューをチェックしたり、日本語で予約もできるので便利なんだ。


ここのマッサージは強くなく、弱くなく、私にはちょうどいいので好きかも。町スパなんでそんなに高くもないです。


すごい人だかり。願いをかなえてくださる仏様がいらっしゃる有名な場所だというのはあとから知りました。長春四面佛という廟で、朝から晩までお参りに来るひとが途切れることがないんですって。お供え物やお花が山のようにありました。


明かりの少ない路地(人通りは多いんですがね)をうろうろして、やっと目的地に着きました。「緑豆蒜啥咪」さん。


台湾産の生マンゴー(しかも愛文という甘い品種)の乗ったかき氷を食べに来ました。生を使うというこだわりがあるので、収穫期しか販売しないんですよね。この時は訪問時期が5月だったので、ばっちり食べられました。鮮度を保つため、注文してからカットしてくれるのです。甘いとろける果肉は最高、日本では高価で思い切り食べられない高級マンゴーを満喫しちゃいました。お値段は200NTDなので、700円くらいかな。


マンゴーのボリュームがあるので結構お腹いっぱい。ホテルの最寄り駅の東門に戻り、軽く夕食を済ませることに。前に家族3人で台南に行った時入った「度小月」が台北にも支店を出してました。


イカのすり身団子を揚げた花枝丸。ここのはお上品な味ねえ。


懐かしの担仔麺(タンツーメン)を頼みました。小さな器なのでするっと食べられます。小腹が減った時につまめる店が台湾は多くて、とても羨ましい。種類も豊富だしね。


名物の麺だけだとお値段安いせいか、ミニマムチャージが設定されていたような記憶。海老出汁がふんわり香るあっさり麺はニンニクとパクチーをたっぷり入れて食べるのがオススメです。
関連記事
スポンサーサイト




back-to-top