2019
08.21

東門散歩、あっという間に帰国日

この時期香港に比べればまだましだけど、台湾も蒸し蒸しします。歩いているとすぐ喉が渇いちゃう。水分補給しないとね。果物屋さんの店頭に並ぶジュースが色とりどりで美味しそうなのだ。


私はドラゴンフルーツ、お友達はマンゴーだったかな?フレッシュジュースが安く飲めるってありがたい。贅沢だな~。


鶏の丸焼き屋さん。地元のひとがテイクアウトしに来ているね。好きな部位を選んだりするのでしょうか、熱心に見てます。


東門駅近くは雑貨屋もレストランもいろいろあって、ここに滞在しているとすごく便利なんです。いつものお茶屋さんで梅のシロップ漬けをまとめ買い。カードも使えまする。


この店は「円融坊 Panapina」さん。家具などの大物から、小物まで幅広い品ぞろえのインテリアショップです。ここも私たちのお気に入りの店で、毎回必ずチェックしてる。特に上質な衣類や刺繍ものがよいわあ、見ているだけで目の保養になります。


いつも長い行列ができている「天津蔥抓餅」さん。たまたますいていたので並んでみました、彼女と食べるのは初めてね。


皮は薄くてふにゃっとしているんだけど、パイのように層になっています。うま~、小腹を満たすための軽食が豊富なのも台湾好きなことのひとつ。今回は卵入りにしましたがたった30NTD、100円くらいか。ランチにしこたま食べたので、これで夜は済ましちゃう。


買ったものをホテルの部屋に置き、しばらく休憩してから今度は最後のハンティングに出かけました。目指すはカルフール桂林店、MRT小南門駅から歩きます。


途中見かけた法律事務所。台湾の看板はド派手ですなあ。日本では弁護士が広告を出してもよくなったのは2000年になってからなのでから、ごく最近。今ではTVでのCMも当たり前ですが、紹介客が多く回っている事務所ならわざわざ広告出す必要もないんですけどね。


カルフールの1階にジュースの自販機がありました。これ新宿ヒルトンのラウンジにあったのと同じようなやつ。


生絞りのオレンジジュースが気軽に楽しめます。このあとはカルフールで食料品を中心にラストスパート。お友達は大きなバッグを調達し、帰国に備えてました。なにせ香港でかさばるやつ買っちゃったからなあ。


翌日は宿で軽く食事を済ませ、私は隣の東門市場に来てみました。まだオープンしていない店も多く、営業しているのは肉や魚、野菜などを扱っている店ね。


塊のままぶら下がり、地元のひともそのまま買っていく肉屋さん。においもなく、きれいに薄切りされている日本のお肉とは別物のようです。


道端にも小さなお店が出ている。韓国でも中国でも、自分のできる範囲で商売をするひとたちをたくさん見てきた。バイタリティが違う!


この先へは初めて来るわ。朝イチで生鮮食料品を買い求めるひとたちが大勢。


グリーンの小粒なマンゴーは11個で100NTD。おしりから蜜が出ていて、美味しそう。積んである山から、真剣に1個1個選んでいるおばちゃんたち。見ているだけで楽しい。


こちらのマンゴーは高級品種の愛文ね。そんなに大きくはないけど、7個で200NTDというから700円もしないじゃないか。なんて羨ましいのだろ。


ここの魚屋さんは人気ね。安くていいものを置いているのかな。


キッチン付きの宿だったら、絶対にいろいろ買って自炊してしまうだろうな。そろそろ散策も終わりにしてホテルに帰ろう。
関連記事
スポンサーサイト




back-to-top