2013
04.10

タイムシェアについて調べ始める

圧倒的に持っている人が多いヒルトンや、マイナーなSPG系。

ウィンダムとか、比較的参入が新しいディズニーとか。

帰国して、かなり調べました。

一口にタイムシェアっていっても、各社いろいろで。


新宿のヒルトンでの説明会にも足を運びました。

日本人の所有者が多いヒルトンさんは、レターも日本語だそうで。

うん、マリオットはHPからの予約は英語のみだから、それは助かるなあ。


ただ、ホノルルのヒルトンのお値段ときたら、もう腰を抜かすほど。

GW、お盆、年末年始だけしか休めない。。。となると、お値段的に厳しいわ。

そのあたりの週は、誰もが泊まりたいと思うプラチナウィークですもん。

我が家には、手の届く値段じゃないわさ。


どピーク時の飛行機の座席は奪い合い。

マイルでの特典が瞬殺なのは当然としても、有償でさえとりづらいでしょ。

そもそもハワイに、毎年、家族で行けるわけないしなあ。


その夏(2007年)にレダン島からシンガポールに飛んだとき、ショッピングセンターで

マリオットのタイムシェアらしきものを宣伝しているのに出会いました。

並べられたパンフレットなどを見ていると、どうやら従来のタイムシェア

ではない新しいシステムのリゾート滞在権が発売になっているらしい。

説明を詳しく聞くほど英語は堪能ではないので、帰国してから問い合わせてみようと

思ったのね。


それがアジアパシフィックという、私が今持ってるタイプのものだった。

シンガポールでは絶賛販売中だったアジアパシフィックだけど、アジアでも

先頭を切って売りに出されたらしく、日本ではまったく情報が入ってきてなかった。

その年の年末はハワイ島+オアフ島へ行く予定だったから、どうせなら

そこで聞いてみればいいんじゃないかと、再度コオリナで行われるマリオットの

説明会に参加することにしました。

ホノルルでは手が出ない価格のタイムシェアが、同じオアフ島内でどの程度

違うのかっていうのにも興味があったし。

関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/174-95399da4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top