2013
05.24

次は3週後に診察だって

2週あけて、獣医さんへ。
ちょっと前までは午後の診察が始まる時間に行けば、一番乗りだったのに

このところ20分くらい前でもひとが並んでいるわ。

口コミで広がっているのかな、フィラリアとか狂犬病予防接種とか、季節

のせいかな。



検査の結果は
5月19日 BUN 43、CREA 3.1
(5月5日 BUN 42、CREA 3.1)

5月19日 赤血球数 5.46、ヘマトクリット28.7%、ヘモグロビン濃度8.1
(5月5日 赤血球数 5.80、ヘマトクリット29.7%、ヘモグロビン濃度8.2

貧血はなくならないね。。。

「一定の血液量に対する赤血球の割合」を示すヘマトクリットは、この2週間で

1%落ちている。


おおざっぱに見積もって、1ヶ月に2%ずつ少なくなっていくとしたら、9月には

20%になる予想。
20%を切る前に、エリスロポエチンを投与してまた数値をあげたいと先生は

おっしゃる。エリスロポリチンは週に3回打つんだけど、私達が来られるのは

週末のみだから、残りの火・木は娘に頼むしかない。

となると、ちょうど夏休みがあるわね。
なんて、具体的な相談をしてたら、少し落ち着いたわ。


慢性腎不全で点滴治療をしている猫さんたちは、貧血とは縁が切れない。

腎臓の悪化に加えて、貧血とも闘わなくてはならないのよねえ。

どちらが先に来るのかは誰にもわからん。
でもサヴァは元気。

ごはんももりもり食べるし、前よりもよく遊ぶようになった。
男子同士で廊下をどたばた走っては、とっくみあいもするように。
縮こまって、三角の目をして、びくびくしていた子の面影はどこにもないわ。


photo:01



悲観的になる必要はない。
規則正しくさがる数値。。。サヴァの数値はよくも悪くも安定していて、それは

逆に先の見通しがたてやすいということ。
プラス思考で行きましょうと、T先生にはいつも教わる気がするわ。


次の来院は3週間後の検査と定期観察。
マイラン・フォルテコール、点滴の針・リンゲル液・アルコール綿をそれぞれ

3週間分いただく。ペットチニックも1瓶がなくなってしまったので、追加。

関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/218-d44cb60c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top