2013
05.28

年会費の推移

アジアパシフィックの年会費ですが、所持してるポイントによって変わってきます。


大体1月末日が支払期限で、請求書が届くので、クレカの情報を記入して


シンガポールにFAXしてます。


USDの小切手か、USD建て銀行送金でも支払い可能(やったことないけど)。


今回初めて知ったけど、支払いが遅れると、25USDの遅延損害金+10%の


利子が徴収されるのね。




ちなみに20,000ポイント持っている場合の年会費。。。


2009年 540USD(クレカの請求書処分)


2010年 556USD(クレカの請求書処分)


2011年 578USD(請求時は49,238円)


2012年 606USD(合計50,447円)


     ※前倒しでポイントを借りたので、借りた時点で578USD(48,229円)


       差額の請求が28USD(請求時は2,218円)  


2013年 625USD(請求時は53,695円)




ほう、たった4~5年で100USDにせまる値上げですな。


会員権が切れる2056年には、いったいどれくらい金額があがっているのだろう。


たとえば住宅ローンなど変動でお金を借りる場合、いくら金利が上昇しても


何%までと上限が決まっていているけど、タイムシェアの場合


それはないのかしらね。


度重なるポイント改悪にしてもそう。


これは一番確認しておかなくちゃいけないとこだったよなあ。




アジアパシフィック(会員権)ならまだマシで、タイムシェア(所有権)をお持ちの


ひとはさらに負担贈になってるそう。


維持しきれず、手放すことを考えているひともちらほら。


よほど条件のいい時期と部屋でないかぎり、リセールに出してもなかなか


買い手はつかないでしょうなあ。会員権なんてなおのことよ~。


マリオットはこの方面で、いまいちもうけをだせておらず、負担は


ぜええんんぶオーナーさんや会員にしわ寄せされると。




あ、請求はUSDなので、その時のレートにも大きく左右されるって訳。


今年はこれから円安方向だから、日本在住者には余計に痛い。

関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/220-70a30765
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top