2013
06.27

読みたい本までわからなくなってきてる病

Category: ■読み物

仕事が忙しいのは結構なことだけど、自己スキルの低さと

あまりのキャパシティの狭さに落ち込む日々。
も~、まじで無理無理。

何かにひとつに集中していると、必ず何か忘れるんだもん。


プライベートタイムに、ちゃんとした本を読む気に全然なれない。。。
DMMのコミックレンタルでガラスの仮面全制覇とか、目指してる。

いったい何がしたいんだ~、ワタシ。


こんなんではいかんと、自分を叱咤激励。

図書館に出かけて、借りて来たのがこちら。

photo:02


高村さんの新刊は、随分前に予約して、楽しみに待っていたはずなのだけど

今回途中何度も挫折しそうに。

特に、前半の男らふたりのぐだぐだには、発狂しそうだったワ。

パチスロと、歯痛と、いきあたりばったりの思考。

なんか、仕事に煮詰まってるときに選ぶ本じゃないよなあ。

隣家の夫人が、訪問客によって異変を知るところからはさくさくと

進んだので、下巻を待つことにする。

でも、根をあげて、放り出したひとも多いのではないだろうか、これ。


もひとつは完全に放置。

最初の50頁くらいで読むのをやめました。

大体!ワタシ、海堂尊の作品好きじゃないんだ。

独特の文体、毎回あり得ない設定。

それでもあれだけヒットしているんだから、何かいいところがあるはずと

時々手には取るんだけど、「やっぱり同じじゃねーか!」と激怒することの

繰り返し。はあ。。。スキルも足りない上、学習能力までもが低い。

人間やめますか、どうしますか。

関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/249-91da0c87
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top