2013
08.01

2013年7月の東村(1日目)

韓国訪問の最大のお楽しみである東村。
頭はすでに、ドンドン酒でいっぱいだーーーー!

高さんとダンナは、久しぶり~とハグ。
父と弟を紹介して、偶然空いていたいつもの席へ。
おつまみ、バンバン運ばれてきます。
これはどんぐりの粉で作る、寒天のようなもの。
トトリムッというそうです。
{412FE5F0-4AEF-4E7B-898C-06A9A7FBC1CA:01}


家族絶賛の白菜のチヂミ。
あっさりとしているわ。
{DB57A074-B155-4849-80B3-4FAC60503DCA:01}


小さな蟹を甘辛く煮たヤツ。
パリポリとした歯ごたえがクセになりそう。
{F2E62C3F-86DD-46A6-B6BA-044709D509FD:01}


新じゃがをこっくり煮たおかず。
{44F18114-567A-4657-8F41-359932F5B6FC:01}


これは娘が好きなじゃこを水飴で甘く味付けしたヤツ。
必ず帰るときに、タッパーで持たせてくれる、東村の嬉しい定番おかずです。
{5A19F1F7-65C3-4AE6-9292-DF4E5C196D0E:01}


超豪華版の海鮮入りまくりチヂミ。
「そんなにおなかは減ってないよ~」と言っても、この量でもてなしてくれるのだ。
{29E84DD5-39EA-47A3-9952-E18056CD7109:01}


懐かしいような味の卵焼き。
そういや韓国には甘い卵焼きってないのかも。

{C69ED34E-01EA-4DC6-A2B6-72374015C215:01}


なにげに美味しかった野菜だけのサラダ。
ちょっと赤唐辛子をふってるんだけど、シンプルでうまい!
{B588C396-CB1F-4F9A-B781-9DD691D4AB66:01}


ダンナと弟が肉を食べたいと言ったら、作ってくださったお料理。
ふたりで頑張ったが、相当辛かったらしく、悶絶。
{04F11052-EC06-4C65-989D-22DD415551FA:01}


この日は、大学路でお芝居を観て、着いたのがもう10時半頃。

まっこりも堪能し、「明日も来るね~」と言って、ホテルに歩いて帰ったら

もう午前様であった。

東村でしこたま飲んで、歩いてホテルに帰れる幸せ。

終電も、タクシーの心配もいらず。

仁寺洞に泊まっていてよかったなって、毎回思うのだ。

関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/279-ed3dfe2d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top