2012
08.23

怒り心頭

Category: ■雑談

そろそろ夏休みの旅行をアップしていこうかなと思っていた矢先に

飛び込んできたこのニュース。

アニメ化もされてる猫マンガ、くるねこさんのHPで知りました。
広島で起きた里親詐欺です。里親募集かけているHPや動物保護センター

などから仔猫を譲り受け、虐殺していた男がいました。本人の申告によると

今年に入ってからでも12匹の子らが殺されていました。

男の自宅壁には血痕がいくつも残っていたそう。

あんなふわふわな毛皮さんたち、悪意のない、身を守るすべも持たない

幼い子達を手にかけるなんて!


なのに、その場で110番した方に対し、呼ばれた警察官は「謝っているのだから

許してやれ」と言ったそうです。涙目になっていた私が、心底怒ったのがここ。

なんという意識の低さだろう、許せないよ!


うちの3匹も、縁あって我が家に来た里子達。

基本独身のひとには譲らない(転勤や結婚などで環境が変わる可能性が

あるので)というのは聞いたことがありました。

実際応募する時も、家族構成やそれぞれの年齢、住環境、仕事の有無など

細かく伝える必要があります。

2番目にうちにきたマシュのトライアルに入る時は、自宅まで届けて下さり

実際に我が家を見て行かれました。その時は新しい家族を迎えるのも大変だなあと

思いましたが、これくらいしないと里親詐欺は防げないのかもしれない。

今回の事件は明るみに出たけど、これが氷山の一角だということもある。

何喰わぬ顔で社会生活を営んで、自宅に帰って動物を殺したり虐待したりしている

人間が確かにいる。

それはあなたの隣人かもしれない、同僚かもしれない、電車で隣に立っているかも

しれない。恐ろしいことだね。


広島県警東署には、この事件を知った全国のひとから、抗議が殺到したらしい。
新聞記事にもなったそうで、警察もようやく捜査にのりだしたとか。
ぜひ起訴して欲しい。執行猶予なんかじゃなく、実刑をくらうといい。
快楽目的や、面白半分に殺人をおかす人間の多数が、小動物の虐待を経験している

ことを、私たちはみな知っている。


どんなむごい方法で殺されたのか、想像もしたくない。
どんなにか痛かったろうに。
どんなにかつらかったろうに。

くそっ。このまま埋もれさせてたまるか。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/32-db581ec2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top