2013
09.11

とりあえず元気

ちょっとショックで、サヴァのこと書けなかった9月1日の診察。しょぼん


その前の週まではエリスロポエチンがよく効果を出して、33.2まであがっていた

ヘマトクリット値(液中に含まれる赤血球の割合)が、28.7までさがってしまったのだ。

たった1週間で5%近くもさがるなんて。。。(涙)

今までなかった急降下。


憂鬱な気持ちで、迎えた9月8日の診察での数値は↓


●9月8日 BUN 58、CREA 4.7

 (9月1日 BUN 55、CREA 4.4)


●9月8日 赤血球数 6.17、ヘマトクリット30.6%、ヘモグロビン濃度8.7

 (9月1日 赤血球数 5.68、ヘマトクリット28.7、ヘモグロビン濃度8.3)


ああ、よかったと、先生もわたしたちちょっと笑顔になった。
数値に一喜一憂して、振り回されているなあ。
体調や採血のタイミングで、こういうこともあるとわかってはいる。
でもね。

貧血が少しだけ落ちつくかと思ったら、今度は腎臓の数値があがっていく。
シーソーゲームだねえ。
次回、もしもBUNがあがるようだったら、点滴の量を1回100CCに増やすことも
視野に入れるそう。
回数はすでに1日2回になっているので、これ以上は増やせないから。
一度回数や量を増やした点滴を、もとに戻せる可能性は、サヴァの場合もうない。

休みながらではあるけどカリカリも食べ、毛艶もよく、うんちの状態もいい。
今すぐではない。
今日は、まだ元気。
それでも、じりじりと劣勢においこまれていっているこの状況に
時々泣きたくなる。



ちょっと気温が下がると、途端に柔らかいとこに来たくなる。
惑星直列状態の猫ら。
{B2EBBBD0-157B-49B3-96CA-6ADA63F4D9BE:01}
関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/320-a6fa9bc5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top