2013
12.18

なんかほっこりした!

Category: ■雑談
東京駅から快速に乗った時、駆け込み乗車したひとのコートが
ドアに挟まってしまった。
生地は引っ張ったら取れたけど、裾を絞るゴムは調節する金具が邪魔して
どうやっても抜けないの。
錦糸町、新小岩、市川、船橋、津田沼、稲毛。。。うわあこの先ずっとこちら側
のドアは開かないんだって。

下の隙間から取れるかも~と、まわりのひとも協力してやってみるけど無理。
駅員さんにお願いして、ドアをあけてもらえないかな。
あるいは終点までここに挟まれたままで行くのか。
切断しちゃったらあとあと困るものねえ。
気の毒な。。。という空気が流れるけど、どうしようもない。

絶望的な空気が流れる中、男性ふたりが力をあわせてドアをゆるめようと
試してくださったのだ。ほんの少しひっかかっていただけの金具が
なんとするっと取れたの。

そばであれこれお話ししていた私もほっとした。
とっても嬉しそうな彼女、お礼を言って。
まわりのひとがみんな笑顔になる。
心にぽっと小さな温かい灯りがともったようなできごと。
こういうのを目の当たりにすると、他人に無関心であることが日常である
都会での生活も捨てたもんじゃないって思うわ。

さあ、今日は氷雨がみぞれになり、もしかして雪。
あと6営業日をがんばって乗り越えよ~。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/406-2a889ef5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top