2014
01.16

南Y島(ラマ島) 索罟湾から溶樹湾へ

蓮香耬 での飲茶に思ったより時間を取られ、予定してた船には乗れず。
逆ルートなら、もう少し船便も多いのだけどね。
まあ、急ぐ旅でもなし、のんびり行こう。

IFCモールの裏側、Four Seasons Hotelに近い方に、船着場への
直通通路があります。
{4D402B60-E4F7-4E67-883E-1B1593D23BE0:01}


中環から30分で着いてしまう立地のよさ。
料金もオクトパスでピッとするだけだし。
船を下りれば、そこはもうひなびた漁村。
なんか、八重山の離島みたいだなあ。
{49BBD283-E4A1-4160-A652-ECEECC4556C0:01}


島の反対側の溶樹湾から、こちら(索罟湾)に抜けるコースが一般的
なので、海鮮レストランはかなり充実してます。
呼び込みはいるけど、昼前だとまだ閑散としてますね。
{570FECE8-4754-464E-A47C-5B0A17502E40:01}


金巻食品 」というお店に立ち寄りました。
どちらの湾にも同じ店があります。
ジャコを揚げて塩味つけたもの、海老を柔らかく干して、少し辛い味付けにしたもの 。
私たちはハイキングの前に買って、歩きながらつまみました。
軽いし、美味しいし、お土産にはいいかも。
海老はかなり気に入って、もっと買ってくればよかったと後悔してます。
商品名は香辣蝦乾といって、28HKDだったかな。
{821598D3-DE2B-4C5A-AC62-86466A111921:01}


香港の海は、いつも翡翠のような色をしていて、見るたび南国だなあと思う。
{3A80497C-1757-4A50-9A0A-75191CD40373:01}


大陸からの観光客がすごくて、いやいやびっくり。
香港の街中だけでも、信じられないくらい見かけるのに、こんなちっちゃい
島までいっぱいですか。。。
{46245F20-2526-48EE-8352-4D0ADE622847:01}


ハイキングコースは整備されていて、迷うところも道の悪いところも
まったくないです。
養蜂場なんかもあったわ。
{EAE0F81C-D41D-4A64-8544-F64C91B10173:01}


山火事を見つけたら、これで消化せよと、書いてあった。

{16BEEDD0-255D-475C-8746-DE26942F16F6:01}


火力発電所かしら?
ここを襲撃したら、香港は真っ暗闇になると、どなたかのブログで
読んで以来、気分はテロリスト(笑)。
高村薫さんの「神の火」を思いだし、偵察に来ている気分。
{4CFB6344-05D3-43EF-B806-901FE6C4B311:01}


ほぼ終点のビーチに到着。
{D778EF92-975F-4F04-941F-99A0FFB57165:01}

南Y島のハイキングコースは、1時間もかからないくらいで、お手軽デス。
途中にすごい坂があって、反対側から登るのは、相当きつそうだったわ。
ハイキングが目的なら、 索罟湾からをオススメ。

海鮮料理目的なら、索罟湾だけをオススメ。
島の路地裏を楽しむならば、溶樹湾だけを散策するのが正しい。
有名な豆腐花もここにあります。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/433-b1c6bcb8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top