2014
01.17

溶樹湾で海鮮食べて散策

ハイキング後の終点である溶樹湾には、細いメインストリート沿いに
海鮮料理屋が3軒。。。しかなかった。
香港版の食べログであるOpenRiceで目星をつけていたお店は
影も形もなかったわ。
閉店とか移転とか、日本のようには更新されてないっぽいわ。
ひとつの店はOpenRiceでめっちゃ酷評されていたのを覚えていたので
そこを避け、海沿いの1軒に入りました。
水槽に入っている海鮮の種類は少ないけど、この海老はかなりいい!
{9223CD5B-0C7A-434C-942E-F1443E9E110A:01}


蟹とか、帆立とか、マテ貝とか。
{64EA6D96-0A5F-45CD-A6A1-D945B71B382B:01}


ハイキング後のお楽しみは、そりゃーーー冷えたビールだよ。
乾いた体に染み渡るぜ!
{2ADBDEFB-53FF-4B09-822B-95E192E6B1B8:01}


あれだけ元気な新鮮な海老が、美味しくない訳ないのだ。
さっと茹でただけ。
その甘いこと、甘いこと。
1斤頼んだのが、あっという間になくなる。
{8DF107D5-9585-402F-B4BF-40C801BD7F4E:01}


マテ貝はトーチーのソースで炒めて。
これはあまり日本で食べる機会はない貝だけど、香港に来たら
ほぼ必ず頼んじゃうかも。
{126CFD6B-743F-47DF-86C8-78DC81FE5AB8:01}

そのほかにもアサリの春雨スープ煮やシャコのガーリック揚げなども
頼んで、ビール3本飲んで、お会計は844HKD。
うん、安くはない。
でも新鮮な海鮮食べまくったからよしとする!


お腹いっぱいの状態で街をぶらぶら。
車が走っていないこの島は、本当にのんびりしてる。
(正確に言うと、エンジンのついた幅の狭いリヤカーみたいなものはある)
{7A861F5F-69D4-4EF6-9833-98EDDC2CF7E2:01}


あちこちから猫グッズを集めて売っているお店。
島の猫の保護活動もしているようだった。
{A65DD1D3-20CC-4C8B-A518-31ED44059E2A:01}


ついついひきよせられるように入店してしまう。
(ごきぶりホイホイのように、抗えない)
そして、にゃんとも目線の強い猫たち大集合のTシャツを買ってしまった。
{C9857CF6-2C89-4A73-8066-211D83844FE1:01}

手作りジャムや、クッキーの店などもある。
この島から香港島に通勤する白人さんも多いから、ベーカリーや
バー、カフェもあって、外国人も住みやすそうね。
美味しそうなチーズやイタリアンの食材の専門店もあったなあ。

私たちはこんな乾き物を買う。
帰りの船のおやつだ。
{B2B957A7-CFA8-4962-BCFD-F112C3F675C9:01}


せわしなく人が行き交う香港とくらべ、島はいいですなあ。
時間がゆっくり流れ、田舎の風情もある。
ハイキングは一度でいいけど、海鮮食べにまた遊びに来たいのだ。
{5A07E700-8A06-4154-B7BE-596F6F163D84:01}




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/434-0dc74ed4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top