2014
02.02

パリからバルセロナへの便

夏の旅行は、16時10分にシャルルドゴール空港(CDG)に着く予定なんですが。

それに接続可能な直行のバルセロナ(BCN)行きは、以下のとおり↓


18:30発→20:15 easyJet
19:25発→21:05 Vueling Airlines
20:55発→22:35 Air France


3社・3便あるけど、ううん。。。

無駄な待ち時間がもったいなので、少しでも早くバルセロナに着きたい。
問題なのは、上の2社がLCCであることなのだ。

LCCは使い始めて長い。最大で3時間の遅延や、前日に欠航をくらうこと

などはあれど、旅程がめちゃくちゃ狂い、現地で立ち往生とかいうピンチには

幸いまだ遭遇してません。
お金の節約よりも、時間の正確さに重きを置くようになってからは

LCCは、振替可能な路線がある場合のみしか使わないことにしてます。


急がば回れで、エールフランスがいいかなあ。

荷物も日本からスルーになるし(とはいえ、CDG空港は信用ならない!

前回も荷物が積み込まれず、イスタンブールに届かなかったワ)

提携はしているが、ワンワールドではないエールフランスの場合。

JALとのコードシェア便であれば、CDGのラウンジが使えないっけ?

それは今度座席指定の電話をする時に、聞いてみよ。


復路は、一番早くCDGに到着するエールフランス便と決めている。
その日は、念願の世界遺産であるモンサンミッシェルへ向かうんだーー。

よっしゃ!ということで。

気が早いが、エールフランスのHPから、予約しちゃった。

{7B8674C7-2A49-44E7-919A-9C6642E02E7E:01}


税抜運賃         20400円
税金・サーチャージ等 37500円
クレカの使用手数料   1500円(何それ、びっくりした!)
オンラインでの合計支払金額 59400円(2人分)
 ※荷物は23㎏まで1個無料、手数料を払えば変更可能な運賃

ちなみに、Vueling航空でも値段を調べたけど、同様の条件で約30000円
でしたよん。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/450-ebeba3db
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top