2014
02.23

多分、初めての大ポカ

ここだけの話、仕事で失敗することはあっても(汗)

旅行の手配でヘタ打ったことは一度もなかった。


ついにやっちまいました。

ある日唐突に来た1通のメール。

「○日からのご宿泊ですね、行ってらっしゃい」的なあれ。

宿泊予約サイトを使うと来る、お馴染みの確認メールです。


え?私明日からソウルにいくんだ。。。

と一瞬ぼーっした。

んな訳ねえべさと、あわてて調べると、おう。

予約の日にち、見事に月違い。


あれだけチェックしたはずなのに、間違えるなんて

自分で自分が信じられない。

やっぱ、いろいろダメになりつつあるんだなあと。


あわてて出勤する前に、予約サイトに電話。

(電話でしかできないのね、使えないココ。。。)

聞くと、変更などは出来ず、今の予約を一度キャンセルしてから

新規に取らないとダメだという。

むむ、先払いだったので、すでに代金引き落とされているのですが。

キャンセルしたホテル代はクレカを通して返却されるけど、新規に

予約する分、また払わないといけない訳だ。


問題はそこから。同じホテルに部屋は確保できたものの、ベッドが

ダブルサイズ1つの部屋しかあいてないと。

友人との旅行にさすがにそれはないわ~と、予約を断ろうとしたら

係の人が、「ホテルにツインベッド規模の旨を伝えるから」と言う。

「でもリクエストは確約ではないでしょう」としぶると、「相手先ホテルに

電話をしてツインにしてもらえるか聞いてみるから」と。

もー、出勤時間ぎりぎりだったから、それで妥協してしまったんだけど。


約束とおりホテルに聞いてくれたらしく、その日の午前中は自宅に

電話が何度もかかってました(自宅への着信を知らせるメールが山ほど)。

ひーーー。お昼の休憩時に、何度も電話をもらっているので

携帯にくれるよう頼んだら、その予約サイトの東京03の番号は

北京にかかっているらしく。最初に話したその人は更に違う場所に

いるみたいだった。

結局、そのあと携帯にも自宅にも連絡はぷっつりと途絶えてしまった。


泊まりたい場所周辺を改めて調べてみると、いつの間にか

ちゃんとしたホテルが増えてるわあ。

へえと思って、値段と空室を見ていたけど、ツインベッドのお部屋は

かなりの確率で予約でいっぱいだ。選ばなければ、あるにはあるけど

どうも最初の予約を取り消してまで泊まりたい場所ではない。

あせってはずれのホテルに泊まるよりは、快適だとわかっている

ホテルの方がいいものね。


休日になったらホテルに直電話して、自分で聞いてみよ~と思い

早速かけてみたわ。

初日はツインベッドの部屋があいているものの、翌日は満室だって。

でも。ホテルの予約係の親切なお姉さん、端末をかちゃかちゃ操作して

「でも2泊続けてベッド2台のお部屋になるようにしておきました♪」って。

ありがとう!

(ちゅー訳で、これを読んでるかもしれない友よ、私とダブルベッドで

寝るのは回避されたから、安心してね)


まあ現地についてびっくりするより、早めに発覚してよかったけどさ。

ホント、予約に関しては今まで以上に気をつけようっと。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/470-fc5705ec
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top