2014
04.09

サヴァ入院中

時間が許す限り、サヴァの面会に通っている。
土曜日に行った時は、後ろ足がふらつき、だいぶ具合が悪そうで
「輸血あんまり効果が出なかったのかしら」と不安になるほどだった。

4月6日日曜日に、ダンナが面会に行った時は、先生が診察の
合間に時間を取って下さり、少しお話しできたそう。
検査結果はこんな感じ。

貧血の数値、ヘマトクリットは13%とかだったのが、23%まで
あがっている。よかったなあ。
{52D84DA8-C0AC-4AED-8CA3-968418D74370:01}


BUN118、CREA6.9と、腎臓の方は依然高め。
でも、まあ、こっちはまだいい。
{3CF67744-6F10-43A1-80B4-4416A453C4CD:01}


輸血に踏み切った日に、7もあったカリウムは、入院しての
静脈点滴で4まで落ちました。
これにもほっとしたわ。
リンは。。。高いままだね。
{D46536E0-AC19-4490-BAAD-F7217DC57C42:01}


4月7日の月曜日は、娘の入学式だったので、みなで義母の
ところへ報告しに。その帰りに、獣医さんにも寄ってサヴァの
様子を見に行ったんだ。

土曜日に心配になったふらつきはもう見られず、今回は
わたしたちの顔を見ると、すぐに起き上がって体をこすりつけて来たわ。
うん、目にも力があるし、確実によくなっている気がした。

ただ、これから手術だというのに、わざわざ顔を出してくれた先生は
いまいち浮かぬ顔。食欲が出ないそうだ。
ドライのk/dに、ペーストのa/dをまぜてあげているんだけど、食べてくれないと。
その場でウエットの美味しいごはんを持ってきて下さったが
サヴァは口もつけなかった。

入院は長くて1週間ということだったけど、次の土曜日にも
出られるかどうかという感じらしい。
病院で治療してもこれ以上の効果がでないと判断したら
おうちに帰って点滴を続けましょうと先生。
そう、入院はもうこれでおしまいにしようね。
サヴァは、大好きなおうちに帰るよ。

輸血は、その可能性に期待して踏み切ったけど。。。
いたずらに苦しみを長引かせるだけの治療はしないって決めてる。
腎不全の子の末期は、吐き気と痙攣との戦いなんだと。
つらい思いをしなくていいように、ちゃんとお薬を下さるそうだ。
関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/512-a5bd62da
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top