2014
04.30

家族で見守る休日

最後の最後まで皮下点滴はした方がいい、脱水症状で苦しむより
本人楽だからと先生に聞いていたので点滴は続けてました。

月曜夜に具合悪化したのが嘘のように、朝は首を持ち上げて
起き上がろうとする。
首や体を支えながらではあるけど、香箱座りに近い形になりました。

交代で添い寝。
ダンナの手や体を感じてると、安心した顔になるわ。
{FB01119B-16F7-4F71-8DA7-7051D576F49D:01}


夕方から段々口呼吸が始まる。
瞳孔の大きさが左右の瞳で違ってきている。
尿毒症から来る神経症状だろうか。
午前中は声に反応していたけど、もう音もあまり聞こえてない様子。
{12CE7419-4364-4AA5-91D3-020BCBA6CDB0:01}


18時過ぎから、痙攣。軽いものだけど、断続的に続いている。
座薬を使おうかと相談している時に、静かになったサヴァに
気がつきました。
サヴァ、最後はあまり苦しまず静かに旅立ちました。

家族が全員いる時で、よかった。
もうこれ以上苦しまずにすんで、よかった。
サヴァ、4月29日18時23分に旅立ちました。
関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/529-6e13d01d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top