2014
05.29

フランスでのレンタカー予約した

レンタカー会社の値段を調べつつ、迷っていたのだけど。
EUROPCAR はHPも見やすくて、あれこれ参考になることが
書いてあるのよね。乗り捨て料金は不要だそうだ。
HAERTZ は、一度乗り捨て料金を聞いたら、250EURと言われて
ぶっ飛んだんだけど(車で1時間ちょいの距離なのに)、小さい車
なら不要だということを、最近確認した。
同じくエイビスだと、65.63EURだって。

大手2社は、JL経由ならJGC割引があるらしい。
あとは、ヒルトンでも。
電話で聞いてみると、どちらも割引率は10%程度なので
私が持っているマリオット25% 引きが一番いいらしい。
モンサンミッシェルの最寄り駅、レンヌで借りて
次の日サンマロで返却することにしました。

{64CE043B-263C-4ABA-99EB-5C79C6771E8D:01}


エコノミーとかコンパクトとかミニとかいろいろ区分けがあるが
「この車指定で!」といかないところがトホホ。
できればフォルクスワーゲンやオペルなどのドイツ車がいいんだけど。
フランス車でもプジョーならまあまあ、ルノーでも目をつぶろう。
でもフィアットとかになったら、どうしてくれよう。
{D6919C5C-07E9-4FB3-B952-363E4982B315:01}


お支払いは現地でとのこと。
マリオットのクーポンは、持参して提示が条件だそうで
2日分135.74EURから、25%引かれるそうです。

自動車損害賠償保険(対人・対物保険)という、レンタル代に
含まれている保険は、フランスでは対人対物ともに無制限。
そのほかの任意の保険はフルカバーにしました。
(名称はハーツの場合)

●車両損害補償制度(LDW/CDW)
 盗難、紛失、破損などによってレンタルした車両に損害が
 およんだ場合に、 契約者の損害額負担を免除する制度。

契約者と同乗者のための搭乗者障害保険(PAI)

 運転中、契約者や同乗者が事故によって負傷した際に規定の

 金額が支払われる制度。


持ち物の盗難を補償する携行品保険(PEC)
 レンタカー利用中の荷物の盗難、破損による損害を補償する保険。
 駐車中にトランクを破られて物品を盗まれた場合などに被害金額
 の一部が補償される。
 ただし、現金等は含まれません
 また補償の対象は契約者および第二親等、同居家族に限定
 へえ、友達同士とかはダメなのね。

●レンタカーが盗まれた場合に免責される盗難保険(TP)
 ヨーロッパでは盗難による損害はCDWで補償されません。
 ヨーロッパでドライブする場合は別途に盗難保険(TP)にご加入
 されることをおすすめ。。。だそうだ。

●スーパーカバー免責免除制度(SC)
 これに入ってないと、万が一の事故や破損があった際に
 完全無料にはならない。


{8D9B42FE-2224-4DF9-9FA0-F59AFADC2AEC:01}

フランスでは法律により、2012 年7 月1 日からすべての
車両運転者に、アルコール検知器(Breathalyzer)の車内所持が
義務づけられたそう。
2012 年11 月1 日以降、検問時に未使用のアルコール検知器
を所持していなかった運転者には、11EURの罰金が科せられるって。
アルコール検知器は、フランスのハーツ営業所で購入可能。
(1キット2ユーロ)


近くなったら、Googleのストリートビューでルート予習しなくちゃ。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/550-06570eac
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top