2014
06.07

バルセロナの観光施設はほとんど予約可

この夏ほんとーーーーに久しぶりにバルセロナに行く訳ですが

ガイドブックやブログに書かれた情報を収集するにつけ、以前とは

違ういろいろにびっくりだわーー。


ダリ関連の施設が一度で予約購入が可能なのはこちらで書きましたが

バルセロナ市内のガウディ関連も、入場の日にちと時間が予約できます。

バカンスシーズンのバルセロナ、世界中から観光客が押し寄せる時期。

チケット買うのにも行列、入場にも行列じゃあ、時間がいくらあっても

足りませぬ。

最初は見学の予約時間に縛られて、臨機応変に対応できなくなるのは

どうかなあと思っていたのですが、考えてみれば旅程表を細かく作ってく

私の旅にはその方が都合がいいみたい。



まずはサグラダファミリア。予約とチケット購入はここ


{E8DF4E28-1C05-48A7-B1B3-204ED4C69608:01}

聖堂だけか、塔にのぼるのか、ガイドさん付きか、オーディオガイドがいるか。

聖堂の入場+タワーのエレベーターチケットなら

「SAGRADA FAMILIA AND VISIT TO THE TOWERS」(19.3EUR)を選択。
のちほど生誕のファザードと受難のファザードのどちらかの塔を選びます。

生誕は下りは階段、受難は下りもエレベーター使用可能。

聖堂へ入りたい時間を選択し、その後にどちらの塔にするか、登りたい時間を

選択していきます。

ちなみに塔の名称は受難のファザードが「Passion facade」、生誕のファザードが

Nativity facade」です。

すべて選び終わったあとは、20分間のあいだにお会計を済ませなくてはいけません。

クレカを用意し、慌てずGOですよ。



お次はカサ・ミラ(本来ラ・ペドレラという)。予約とチケット購入はここ


{C8ECE978-A4F0-40BC-AD36-625508E1979F:01}
オーディオガイド付きの料金も出てきますが、言語は次の10種類。

Catalan, Spanish, English, French, German, Portuguese, Italian, Russian

Galician, Basque(日本語の対応は2014年6月現在で、まだナシ)。

普通の観光は「La Pedrera by day」を選べばOK。

私が予約した時は、2014年の大晦日まで予約可能でした。

「La Pedrera by day + Temporary exhibition」とは、この場所を使って

コンサートなどが開催されるようで、それを含んだ金額のよう。



続いてカサ・バトリョ。チケット購入はここ


{189286EF-8803-4B01-9249-0515404D6196:01}

こちらは日時指定方式でなく、ファストパス方式。

これは便利だわね!好きな時に行って、優先入場できるの~。

オーディオガイドは料金込みで、日本語あります。



今回、時間の関係でグエル公園は割愛しましたが、こちらも予約可能

3ヶ月前から予約でき、30分きざみの時間指定でした。

有料化計画は前々からあったようですが、2013年の秋から正式に

始まったよう。



ちょっと郊外にあるコロニアルグエル教会ですが、HPはここ

予約や事前購入はありません。

元旦とクリスマス以外はほぼ無休のようですが、日曜日は午後3時

までしか見学できないのでお気をつけて。

同じく日曜日の11時からと、午後1時からはミサがあるので入場不可。

関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/554-b72c69ab
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top