2014
08.26

CDGでゆるゆると時は流れる

予定時間通りにシャルルドゴールに到着です。



JALとのコードシェア便ならば、エールフランスのラウンジが使えたと書いてるJGCのひとの記事があったので
ダメもとで行ってみたのですが、結果的にはNG。
同じ便で着いた、全く同じ条件のご夫婦は事前にJALに確認してOKもらっていたそうですが、やはり断られてました。
まあ、AFはワンワールドじゃないしね。


ひとまず少しだけ両替。
空港内両替、いつになく高くつき、次はカードキャッシングにしようと思いました。
帰国した最初の平日に、カード会社に電話し、その場で銀行送金しました。
クレカの請求来るまで待ってたら、利息がもったいないものね。
あとで計算したら1EUR137円だったので、両替するより全然安かったデス。


搭乗口の近くにPAULがあったので、ひとまず休憩しました。



この品揃えにごっくん。どれも美味しそうで迷うわ。



ブリーチーズをたっぷりはさんだバゲットがうま!
あまりおなか減ってないと言ってたダンナも半分くらい食べちゃった。
チーズのミルキーさがまるで違うもん。



搭乗口は大混雑。バカンスの時期だからねえ。
ようやくあいてる座席を見つけて、Wi-Fiルーターとiphoneの設定をしました。
iphoneはお利口さんで、自動で現地の時間を読んでくれる。
サマータイムも込みできちんと表示。

シャルルドゴールでつなげたWi-Fiは、3G回線でえらいことのろく感じる。
正面のベンチに座っているカップルさんが見てる本、うちのと同じ歩き方のバルセロナ編(笑)。
彼らもこれから2時間くらい待つようだわね。


暇にまかせ、ラデュレやフラゴナールなんかをぶらぶらチェック。
フラゴナールは、練り香水を買おうかどうしようか迷ったけど、香りのサンプルもなくて
しかも日本の通販で買うのとあまり値段に差がないのでやめました。
ワゴンが可愛くて、思わず記念撮影。
隣の搭乗ゲートが集まっているウィングにはラデュレの大きな店舗もありました。



クスミティのお店もあったわ。
姉妹ブランドであるローヴ・オーガニックも。鳥さんマークが目印でこちらも素敵。
EURが高いので、今回日本でも入手可能なものは買わなかったけど、欲しかったなーーー。



免税店には本格的なチーズの売り場も。
しかも空港価格だというのに、どれも安くて信じられない。



トリュフや、フォアグラも豊富で、CDG空港の中のお店は見ていて飽きませんでした。
が、しかし!!バルセロナまでの接続悪し。。。
こんなことなら思い切ってLCCを予約すればよかったかもってぷち後悔したけど、ダンナが
「いやいや、それはそれでまた何かトラブルにあうんだよ」というので、やっぱそうだよねと思ったり。

タイミングの悪いことに、AFのバルセロナ行き最終便は遅れに遅れ、現地の空港に着いた時は
もう23時30分をまわってました。
トホホ、最初の夜はホテル近所のバルに出撃を目論んでいたんだけど。
それどこじゃなかったわ。
関連記事
スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top