2014
09.02

CIUDAD CONDAL(シウダッド・コンダル)と夜の街

サグラダファミリアの夜景を見られたらいいなって思ってたけど、夏の日の長さは想像以上。
お腹もすいたし、夜景はあきらめて目指せ、バル!
地下鉄で急ぎます~。



日曜日もやってる「CIUDAD CONDAL」までてくてく歩きます。
もう、遠くからでも人だかりがしてるので、「あそこだ!」とわかりました。
ひ~、入れるのかいこれは。


まずは店内にぐいぐい入り込み、受付のおねえさんに名前と人数を告げました。
立地もいいので、観光客慣れしてます。もちろん英語OK。
30分くらい待ってねって言われた。

その間に1杯飲もうと、外にむいてるカウンターに並びましたが、受付嬢がここも兼ねているので
まったくもって順番が回ってこないのさ(笑)。
結局注文しようと口を開きかけたところで、名前を呼ばれて終了。
スタンディング飲みしたかったなあ。


奧に長い!とにかく広い!人気店なんだなあ。
隣の席との幅は狭いですが、活気に満ちてて賑やかです。




バルセロナのレストランを紹介してる某有名ブログを見て、ここに来たのですが
ブログの写真を指さして注文しました。
メニュー見てもよくわからないし。
この生ハム乗せのパンは2個で3.90EUR。



日本人がよく頼むのだろう、ウェイターさんが「ASARI?」って勧めてくれたから
オーダーしてみた貝炒め。
美味しかったけど、あとでお勘定見ておったまげの11.45EUR也。



炒め物2種類乗せ。アスパラとマッシュルーム。
つぶ塩を使っているんだけど、かなり気に入りました。
サングリアが進むわあ。5.30EUR。



ふわふわイカのフライ。
飲んでる時のおつまみとしては、ヤバイですなあ。
レモンをぎゅっと搾って食べると止まらない。6.95EUR。



ダンナが頼んだステーキ。こぶりで大きさちょうどいいよ。
柔らかくて美味しかったって。肉類は安いなあ、3.95EUR。



最後にもうひとつ追加で頼んだのが海老。
手がべとべとになるのも構わず、むしゃぶりつくのが正解。9.75EURでした。



レモンビールやサングリアを飲んで、すっかりいい気持ちになっただ。
この時間になると、ひとも少し少なくなるけど、店内はまだまだ大混雑。
お会計は57.20EURでした。
はしごするつもりだったけど、人気店はどこも待ち時間が長いナア。



店の近所に大きな噴水がありました。
ここからグラシア通りに沿って歩きます。



ライトアップされたヨーロッパの街は本当にきれいねえ。



夜のカサ・バトリョの前は、記念撮影する人でいっぱい。
朝見たのとはまったく印象の違う顔を見せる建造物。


近代的な街に、静かにたたずむガウディ建築。
私たちが死んだあとも、ずっとここにこうしてあるのだな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top