2014
09.04

卵の家に着くまで

バスターミナルからカダケスの中心部までは徒歩10分かからないくらい。
iPhoneのGoogleマップで目的地を設定し、歩いていくだけ。
GPSは歩く速度なら問題なく現在地を拾ってくれる。



バスターミナルや駐車場方面から来る道の、突き当たりが海。
海沿いの道を左に行くと、Google先生が左側に折れる細い坂道を登れと
指示してきた。
いやはや、ここから数百メートルがえらいこと急坂で、貧血気味の私は
歩きながら目の前が暗くなりました(笑)。




ダリと奥さんが暮らしていたおうちを見学するため、カダケスの隣Port Lligat
(ポルト・リガット)村まで、更に歩きます。
オリーブ畑の中の道は、ダリ目当ての観光客が多いので、迷うことナシ。



通りに出たら、今度は右に曲がり、ずっと道なりです。
ほら、もうダリの卵の家が見えています。
2つの女性の頭部が屋根に乗っかってるところがそう。



最後に坂を下りきったところが、目的地です。
スタスタ歩けば、バスターミナルから25~30分くらいですかね。



ここを見学するには、予約時間の30分前にまでに到着していることが必要。
バルセロナからのバスがカダケスに着く時間が10時45分だったので、余裕をもって
12時10分からの予約にした。
ということは11時40分までにダリの家に到着していないとだね~。
結局バスは遅れたし、2人が交替でトイレに入ったり、ダリの像の前で記念撮影とか
してたら、着いたのはぎりぎりの時間。
予約の時に入館料の一部しか請求されない(ひとり4EURのみ)ので、残金7EURを
チケットと引き替えに払いました。
不便な場所なので、予約時間に間に合わないひといたり、どたキャンするひとが
大勢いるのかも。
時間に遅れてしまっても、うまくキャンセルが出て、そのツアーの時間が近ければ
いいけど、3時間とか4時間あとなら、あきらめて帰っちゃうだろうな。



木が生えてるボートのすぐ前の、建物(日時計のあるとこ)で荷物を預けます。
荷物と引き替えにタグをくれて、料金は無料です。


急いで来たので、汗かいちゃった。
陽射しは強いけど、日陰は涼しいのだ。ここって海風も強い。
予約までの30分を、まったり階段に座って過ごしてました。


時間になったら、予約したひとたちが集まり、ここからツアーが始まります。
ガイドのおじさんは、ひとりひとりに何語を話すか聞き、説明の言葉ごとにグループを更に
分けてました。スペイン語(カタルーニャ語も)、フランス語も、英語も話すんだよね~。



ダリの関連施設の予約をした記事はこちら
関連記事
スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top