2014
09.12

Cerveceria Catalana( セルベセリア・カタラーナ)

バルセロナ2回目のバル突撃タイム!
ヒルトンダブルツリーアレクサンドラと同じ通りにあり、激近の
「セルベセリア・カタラーナ」へやってきました。
外の歩道にも、テーブル席があるけれど、交通量のある道路なので
店内の方がいいかなって。


こちらも大変な数の待ち人です。
ウェイティングリストに名前をつらね、待つこと30分ほど。
できれば一度はカウンターに座って、ケースの中のおつまみを指さしながら
食べたかったけど、この人気ぶりでは無理そうね~。
ダンナ、iPhoneでそそるものの写真を撮っていた。
注文時に画像で見せれば、らくちん♪


さてオーダーを取りに来たので、まわりを見回すと、となりのテーブルの方と
目が合う。そしたらニコニコしながら「ぜひこれを頼んだら」とすすめて下さった。
アスパラとマッシュルームは昨日のバルでも食べたけど、リピートしちゃお。5.3EUR。



これはダンナが、自分で探してきてオーダーしたお肉。
1串3.35EURで、このほかにも別の肉串を頼んでたなーー。



海老とホタテの串は、最高に美味しかったもののひとつ。
これも隣のご婦人のリコメンドなり。1串3.95EUR。



私が「貝を絶対に食べるんだい!」と叫んだので、ダンナが写真を撮って
頼んでくれた一品です。
願わくば、もう少し量があると嬉しいのだが。
貝はやっぱり時季外れなんだろうなあ。
berberechos、日本ではザル貝というそうな。7.60EUR。



有名ブログでおすすめしていたこれを最後の〆に頼んだんだけど
むっちゃはずれだったわーーー。
フライドポテトとカリッと揚げたハムを、とろりんとした半熟卵であえたもの。
お店のひとがさっさかかきまわしてくれる、ちょっとした手間が見ていて楽しいけど。
6.75EURとこの日一番高いじゃない~。



ここんちのサングリアは、通常の赤ワインを使うもののほかに、CAVAを
使ったものもあります。
店ごとにいろんな味があるのでしょうなあ。
2分の1の量で10.50EURでしたわ。

隣のテーブルのひとは、スコットランドからいらしてて、ベルギーのお友達と
旅行を楽しんでいるそう。年がずいぶん違うのに、仲いいな。
いろいろお話しをうかがううち、反対側のテーブルの人も参戦。
彼女たちはイギリスから。多分どこか東洋の血が入っているだろう2人は
とってもエキゾチックな美女でした。

この日のお会計は61.65EURでした。
短かったバルセロナの滞在、もっとバルをあちこち訪問したかったけど
体力がついていきませんでしたわ。
私は前日食べた「CIUDAD CONDAL」の方が、味は好きだったかも。

それにしても、きんきんに冷えたビールとか、サングリアの写真が一切ない。
ごぶごぶ飲んでしまったからだな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top