2014
09.17

Grain de vanille(グラン・ド・ヴァニーユ)

牡蠣をたらふく食べた後は、坂を登って市内中心部へ戻ります。
もう午後遅く、多分お目当ての品はないだろうなあと思ってはいましたが
案の定です。

ヴァニーユさんは、パティシエのヤニック・ゴティエ氏が、2006年ミシュラン3つ星に輝いた
「メゾン・ド・ブリクールMaison de Bricour」のオーナーシェフ、オリビエ・ロランジェ氏と
共同経営するパティスリー&サロン・ド・テ。



店内は買って帰る人と、お茶を飲んでいく人とで、ごった返してました。
ま、そうだろうとは思ってたけど、塩キャラメルやこのお店名物の銀の缶に入った
ガレットなどはとうに売り切れておりましたです。


マカロンやフィナンシェなどなど。
慣れないドライブをして、糖分を欲しているダンナはあれこれ食べたい様子。



ブログを見ると、ここを訪問されたみなさんがかなりの確率で食べてるのがミルフィーユ。
こちらはラスト2個か~。
私の前に数人並んでいたので、これは目の前で売り切れるパターンかと
思いきや、あとから追加されまして、ほっと一安心でございまする。
そんなに甘い物に執着はないけど、せっかくここまで来たからには食べてみたい。



それにエクレアを、チョコとモカ1種類ずつ買いました。
2種類の値段があるのは、テイクアウトと店内での差かしらね。



アイスも大変美味しそうでしたが、牡蠣を食べた後は体が冷えてて
ちょっと冷たいのを食べる気分じゃなかったかも。
そうでなくてもこのあたりは天然の冷蔵庫のように、涼しい風が吹いてるし。



ウルルン滞在記でかとうかずこさんが塩スイーツを作るという企画で、この店を
訪れてたらしいわ。
さくさくのサブレみたいなガレット、食べてみたかったなあ。
私も日本に持ち帰ってきたボルディエさんのバターをたっぷり使っているそうだ。
モンサンミッシェルのついでに寄るには、やはりレンタカーでないと大変と思うけど
フランスの田舎はとても気持ちがよくて、最高っす。

Grain de Vanille(グラン・ド・ヴァニーユ)
午前9時~12時30分、午後2時30分~6時30分まで
月曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日
(定休日 火曜日・水曜日)
関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top