2014
09.19

とうとう着いた、モンサンミッシェル

Grain de vanille(グラン・ド・ヴァニーユ)さんでケーキ、Epices Roellinger
(エピス・ロランジェ)さんで胡椒を買ったあと、駐車場まで行く道すがらに
素敵な食料品店を見つけました。あとで来ようっと。
先に教会の横にあった小さいカルフールで買い物をしました。
この日は外食はしないで、ホテルの部屋で済ましちゃう予定。
ダンナ用のビール、おつまみ、ドライブのおともにポテチ、大きなボトルの水
やヨーグルトなど仕入れました。

戻った食料品店には上品なマダムがいて、おすすめのチーズを下さいました。
ハーフボトルのシャンパーニュも買ったわ~。

食料を積んでカンカルを出発する頃には、とうとう雨が降ってきてしまったけど
あとはもう今晩の宿を目指すだけ。



カンカルからは30分ほどのドライブ。
モンサンミッシェルがどんどん大きく見えてきて、もうすぐそこ~。
事前に調べたけど、駐車場の場所がいまいち不明なまま、道を進んでいくと
急に賑やかになった。
ホテルとかスーパーとか、レストランとかたくさんある!
これは行き過ぎちゃったわと、途中でUターンして。
Googlemapのストリートビューでは、ちょっと古い画像ね。

モンサンミッシェルに向かって進み、賑やかになる手前で、この道を右に曲がると
駐車場に出られます。
私たちが行った時は警備のひとがいて、誘導してました。
日本だったら、これだけ有名な観光地には「駐車場こちら」とかのサインがあるじゃない?
それらが全然ないから、初めて来る時は見逃してしまうかも。



島内ホテルの宿泊者はP3というところに駐めるよう、宿から言われてました。
駐車場に入るには、事前に宿からパスワードをもらっておく必要があります。
このことは英語のHPにのみ書かれていて、日本語での案内はなかったので要注意。
出発前に宿にメールし、到着が到着が遅れることを伝え(午後5時を過ぎる場合は必ず
だそう)、パスワードを送ってもらいました。
わたしたちの時は数字とローマ字を組み合わせた7桁のものでした。
P3の駐車場は、シャトルバスの乗り場に一番近く、とっても便利。



ここで雨がすごい勢いで降りだし、しばし休憩。
傘は持っていたけど、目的地はすぐそこだし、待てばすぐやむだろうし。
で、小腹が減ったので、昼間買ったケーキを車内で食べちゃった♪
エクレアは中のクリームがもったりしすぎて、こちらは期待はずれ。
でもミルフィーユは、さくさくした生地といい、上質のバニラたっぷりの
カスタードといい、うまうま。
これは美味しい紅茶と一緒に優雅にいただきたかったナ。



雨が小降りになったので、外に出て、バス乗り場に向かいました。
バスは本当にひんぱんに往復していて、不便さは感じないな。
途中、スーパーの前と、堤防の2カ所に止まります。
堤防は、モンサンミッシェルを眺める絶好の場所らしく、ダンナはすごく
行きたがってたなあ。
残念ながら、この晩は行けない理由があったのですけど。。。



シャトルバスの終点に着き、ここからは徒歩で島内に向かいます。
結構距離があって、7~8分は歩くかしら。
大潮の時はあちこち水没するので、柵にも道路にも、海草がめっちゃ
張り付いてました。荷物があると、島内まで行くの大変だろうなあ。
この7月に潮の流れを邪魔しない新しい橋が完成したばかり。
今はまだ昔からの道路も使ってますが、来年には完全に撤去されるそう。
昔ながらの、潮の満ち引きで完全に海の中に立つモンサンミッシェルが
見られるということだけど。



ささ、憧れ続けて幾年月。
いよいよモンサンミッシェルの島内に入りました。
予約したお宿はどーーーこーーー。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top