2014
11.10

マシュ、ごはん変える

Category: ■猫ら
最近吐いてしまうことが多いマシュ。
11月9日の日曜は総合的な血液検査を入れました。
腎臓以外に原因があるかもしれないから、念のため。



クレアチニンは横ばいねー。
よくもならんし悪くもならない。


かなり項目見ていただき、「全体的な数値は悪くないですよ~」とお墨付きをいただきました。
吐くのは、抗生剤を続けているので、胃が荒れてしまっているのだろうと。
尿が取れなかったので、検査をしてからでないとお薬はやめられないそう。
あと1週間だけ、次に検査するまで抗生剤と炎症剤を続けることに。
胃薬も出ました。


ごはんはアズミラ クラシックキャットフォーミュラで安定してましたが
治るまではおなかに優しいヒルズの療養食w/dを食べさせてねって。
獣医さんが出してくれるごはんはいつも必ずプリスクリプション・ダイエット
なんだよなあ。処方されたので仕方ないけど。。。
ダンナいわく、処方すればこうなると経験上予測がつくし、臨床上の数値も取れてるからだろうと。


マシュは皮下点滴と注射をして、胃に負担をかけないため日曜は1日ごはん抜き。
月曜は新しいw/dを数粒から始め、夜は25%の量、50%、75%と徐々に増やして
あげないといけないんだって。
かわいそうに!と思ったけど、それほどは催促せず、寝てる。
やっぱり体調いまいちなんだなあ。



胃の荒れが治まったらば、近いうちストラバイトと腎臓対応の療養食に切り替えることを
オススメされました。
水分を取るため、1日2食の缶詰のウエットを食べてもらうのが理想的らしい。
そんなに悪化している訳ではない今から、2食ともウエットにしないといけないのかな。
切り替える時がきたら、よくよく相談しなくちゃ。

下唇のおできはほぼなくなり、歯茎はうっすら白くなっているけど
もう大丈夫って、先生が。


それにしても一度病院にかかると続くにゃあ。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top