2014
11.20

コンラッドソウル 水回り

Category: ├ホテル
ベッドルームとつながっているバスルーム。
広いわあ。



突き当たり左側がメインのトイレ。
もちろん独立してます。



突き当たり右側にバスタブが。
お湯を貯めようとしたら、蓋の閉め方がわかりにくく苦戦しました。
コンラッドダッグはいなかったわ~。



その裏側がシャワールームです。
湯量も豊富だし、上からのシャワーもあるし、設備はいいんだけど
いかんせん使いにくい。
可動式の方は、大きなシャワーヘッドが支えきれず、下向きになっちゃうのよね。
そして致命的なのは、ドアも何もなくただの空間なので、寒くて寒くて仕方ないこと。
真冬はどうかしらねえ、これ。。。



寝室との境目は、このようなドアで区切ることができますが、まあ
丸見えっちゃあ丸見え。



洗面所の鏡にはテレビもうつります。
ダブルシンクはいいねえ。
スペースもゆったりしていますし、気持ちよく使えます。



事前にリクエストしていたアメニティは上海灘(Shanghai Tang)です。
デフォルトは「アロマセラピー アソシエイツ」で、ほかにも「タラ・スミス」
も選択可能のはず。



ちなみに。。。
バスタブから目の前のビル、この距離です。
平日ならオフィスが丸見えだし、多分向こうからもよく見えるんでは?
夜もなあ。。。残業しているひとにご開帳って感じなんだけど。


私たちは日曜日の夜の宿泊だったので、ビル内は無人でしたが。
あ、夜中の3時頃に掃除してるおじさんを見たとダンナの目撃談。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top