2015
02.05

THE LALU SUN MOON LAKE(日月潭涵碧樓大飯店) ⑤

朝食を終えて、朝のラルーをぶらぶら。
エントランスのこのコーナーには鳥かごが。
ちゃんと鳥さんも入ってます。カナリアと文鳥でした~。



泉にお金を投げたり、石像の口に置いたりするのは、日本以外でも
よく見かけますよね。



昨晩はランプが置いてあったのが、朝には蓮の花にかわっています。
浮かせたお皿があっちこっちに流されていかないよう、ちゃんとテグスで
固定してあるのですよ。まあ、そりゃそうなんだけどね。



チェックインした時は暗くてよく見えませんでしたが、奥はバーになっていました。
奥の方に見えるドアから、外に出られるみたい。



カウンターには素敵な木の箱が置いてありました。
これ、客室に置いてあるなにかの印刷物にも写真が使われていたわ。



館内のあちこちに、リラックスできそうなスペースあり。



フロントのある階から見下ろすと、プールもお茶室もよく見えるわ。



朝靄が晴れつつある湖が一望できますね。



帰りのバスの関係で正午のチェックアウトまではいられないけど
11時頃まではゆっくりしました。
お風呂に入ったり、お庭でくつろいだり。
おっと、窓にバスローブ姿が映り込んでしまいました。。。



スパの案内がありましたが、ここのはきっと極楽なのだろうなあ。
お値段もお値段なので、ぐっと我慢でしたけど。
それでも東京の同等ホテルで受けるよりは安いかも。



フロント階にあるお茶屋さんからの招待状もありました。
最初からおみやげに買うつもりだったので、使いませんでしたが。



台中の新幹線駅と、日月潭を結ぶバスの時刻表をいただきました。



お部屋の「Do Not Disturb」札は、こんな素敵な手彫りの品。



名残惜しいけど、「絶対にまた来る」と決めて、荷物をまとめて
お部屋をあとにしました。
お茶を買い、ダンナが最後の写真を撮っている間、ショップを眺めてました。
いいなあ。。。と思うものがいくつか。
特に蓮の葉に腰掛けたこの仏様の、飄々とした感じがイイ。
きっとバーで見かけた龍のついた箱もここで買えるんだろうな。
でもきっとお高いのだろうな。



正午近くなり、天気に恵まれたこの日は暑いくらい。
きらきら光る湖に最後の一瞥を。


本当に、本当に、台北に帰るのがいやになっちゃったほど。
お値段に見合う満足をくれる、いいホテルです。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top