2015
02.06

台中から中山駅ホテルまで

インフォメーションセンターまで送っていただき、バスを待つ列に加わる。
お昼前になって小腹がすいちゃった。
葱餅を買いました。
売店やファストフードのお店などもあるし、屋台もいくつかあります。



割ったところを撮りたかったのですが、油がまわっていて(笑)
ダンナの指が大変なことになり、苦情を申し立てられました。
ウエットで拭いても落ちないとぶつぶつ。



日月潭から台中に向かうバスは、途中のバス停にひとが溢れており
大変なことになっていました。
補助席とかないし、満席なら乗せないようで、待っているひとは
大ブーイングでした。大晦日は台北にひとが集中すると聞いていたけど
本当にすごいなあ。

本当は台鉄の台中駅に行って、いろいろしたいことがあったのに
予想よりもずっと距離があったので、考えなおし。。。
お楽しみは次回まで持ち越しにしました。
万が一乗り遅れたら、そのあとの新幹線に空きがあるかどうかわからないもの。
で、駅の構内でお弁当を買いました。
ベジのものもあるんだけど、売り切れよ。買えなかったのはこれで2度目だ。



このチケットは、日本から予約しておきました。



さて、中山駅から徒歩すぐのところにあるホテル。
ロイヤル・イン(老爺会館台北南西)(Royal Inn Taipei Nanxi)ここに3泊します。



使い捨てスリッパあります。
左側はバスルームの窓で、これがあるから水回りはさほど暗くならない。



潔いほどからっぽな冷蔵庫。
有料の飲み物はどうせ飲まないから、こちらの方がいろいろ冷蔵できて助かる。



お水は無料。毎日2本入れてくれます。
ホテルに泊まるとのどが渇くから、必須ですよね。



備え付けはジャスミンティーと緑茶。



ドライヤーもあります。



アメニティはひととおり。
なぜかシャンプーがなかったけど、入れ忘れでしょう。
持参したものを使っていたので、全然かまわないけど。



少し狭いし古いけど、とにかく場所がいいので、便利なんだわ。



お部屋からの眺め。
車の騒音が気になるかと思ったけど、二重窓だったし問題ないです。
こちらは窓なしのお部屋もあるそう。



フロントには日本語ができるひとがいるので、これまた不自由ない。
うちみたく、泊まる日の前日でも快く荷物を預かってくれたし。
写真を撮るのを忘れてしまったけど、お茶やコーヒーなどが自由に
いただけるコーナーもあります。
日本語の本なんかも置いてあったし。
朝ご飯もついてましたが、最後まで食べる機会はありませんでした。

年末年始の宿泊だったため、台北市内の宿は全体的に高かったです~。
このくらいのクラスで、3泊で42982円(カード請求時)でした。
1泊14000円ちょっとか。
これは楽天さんのセールの時に申し込んだから、安い方かなと。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top