2015
02.20

ふたたび、わいん食堂 Chez としさん

地元で見つけたお宝のようなお店に、ダンナを連れていきました。
土曜日、夕方5時過ぎに電話すると、ちょうど最後の1席に滑り込めた様子。
ここはやはり思い立って出かけるのではなく、予約をきちんと入れた方がいいね。

カウンターだけのお店ですが、ひとりでお料理なさっておいでなので、満席になると
シェフはとても忙しい。ゆっくりとお話しできる感じではありません。

まずはダンナが食べたいという、えぞ鹿肉のテリーヌを(1100円)。
添えてあるのは金柑を甘く煮たもの、ソースも果物を使っておられるよう。



続いて私のオーダーである、ずわいがにとアスパラ洋風海老しんじょう(1000円)。
春巻きの中には、蟹がぎちぎちに詰まっていて、もう喜びの舞を踊りたいほど。
前回もそうだったが、何を頼んでも本当に美味しいのだ。



ダンナは肉をいきたいらしいが、すでにもう2皿食べてしまっているので
ひとりで一皿食べきれる自信がないらしい。
で、ふたりで相談して、3皿目はサバフグの唐揚げ。
スパイシーな味付けでね、身がほくほくでね、ふぐは唐揚げにするのが好きだ!



ダンナは日本酒、私はカヴァを2杯ずつ飲んでいたけど、ここらでワインを
ボトルでいただきましょう。
メニューにあったおすすめから、白をもらいました。
Domaine Châtelain Pouilly-Fumé Les Vignes de Saint-Laurent-L'Abbaye
プイィ・フュメはプイィ=シュル=ロワール (Pouilly-sur-Loire)という村を中心
にして生産されているワインだそう。
この村があるのはブルゴーニュなのだけど、産地としてはロワールの分類なのすって。
お店の方のおすすめ通り、冷やさないで飲む方が香りがたってよいです。



ワインが美味しいので、調子に乗っておつまみを2皿も頼んでしまった。
盛り合わせはひとつがシェーブルだったので、それだけははずしていただき。。。(汗)



生ハムはその場で原木から削ってくださる。



8時すぎると、お客も一段落して、やっとシェフとお話しできるわ。
お料理が美味しかったことを伝える。
この日はお酒もだいぶ飲み、お料理もたくさん食べてしまったので
結構な額になりました。まあ、たまにはよいよね。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top