2015
02.17

1月1日(永康街鼎泰豊、薑心比心、沁園、天津葱抓餅)

元旦の朝、私たちが向かったのはあの有名レストランです。
朝イチならばきっとさほど待たずに入れるだろうと、MRTで急ぎました。
永康街は、以前来たときは最寄り駅からはえらいこと離れていて
タクシーで通ったものだけど、今やMRTの駅が出来たんですもの。
急いで店に行ってみると、嗚呼やはりたくさんの人々が並んでるわ。

案内のお姉さんに聞いてみると、意外なことに待ち時間ゼロで入れるという。
信じられないわ、前回訪問時はどれだけ待ったことか。



ずーーっと食べたくてたまらなかった、こちらのお店の小籠包。
気を落ち着かせるためにまずは胡瓜の前菜から。
相変わらずピリ辛でジューシーでうまいの~、70NTD。



5個からの注文ができるようになっている。
あら?前からそうだったかしら?
上段は煎餃(蝦肉) 170NTD
下段は蟹粉小籠包 5個 175NTD



上段は絲瓜蝦仁小籠包 5個 165NTD
下段はノーマル小籠包 5個 100NTD
絲瓜蝦仁小籠包以外のすべてをダンナが食べました。
が、私はこれを食べるためにここに来たので、大満足なんだわ。
しっとりとした薄皮、ヘチマの上品な味に、蝦が花を添えて。
ほんとーーーにいくつでもいけちゃう気がする。


絲瓜蝦仁小籠包 5個入りをもう一度おかわりしました。
お会計は929NTD。
おなかいっぱいになって、上等なお茶を飲んで、気持ちいいサービスを受け
3500円くらいだものなあ。
日本の鼎泰豊とは似て非なるもの、一度食べたら目から鱗だってば。

忙しく立ち働く厨房のひとたち。
どうもごちそうさまでした!



永康街を奥に進みます。
元旦ではありますが、お目当ての店はどこも営業しているのを調べてました。
まずは生姜でコスメなどを作っているこちら、「薑心比心」さん。



お店の中を撮っていいか聞いたら、どうぞどうぞと言ってくださったのでパチリ。
ここでは前から買おうと思ってた生姜の歯磨きを買いました。
ポンプ式のとチューブのと買いましたが、中身は一緒なのかな?
2つで670NTDでした。



2軒目はお茶屋さん。
といってもお目当てはお茶ではなく、梅です。



沁園といえばこの茶梅と言われるほど、有名なものだそうで。
雑誌とか、台湾フリークの人が紹介してることが多かったなあ。
梅を4ヶ月麦芽糖と凍頂茶葉で一緒に漬け込むんだそうで。
5個で1092NTD(5%割り引いてくれた)、クレジットカードも使えました。
(日本で売っているのは2000円越えしていてびっくりしたよ~)
お茶を買いに来ているひともたくさんいました。
混んでいたので、早々に退散しましたが。



鼎泰豊でおなかいっぱいに食べず、余力を残したのはこの店のせい。
うわ、行列できてるねえ。



おばちゃんが忙しそうに焼いたり、生地をのばしたり、働いているんだけど
まったく需要に追いついてないっていう。



私は卵入りにしました。
バジル卵もいいなと思ったけど、また次回のお楽しみにしよう。



あつあつのそれにかぶりつくと、これは行列できる訳だわ。
もちもちっとした皮に、卵と葱のハーモニー。
ずいぶん食べでがあるけど、たった100円ちょっと。
ちなみにダンナは、小籠包を食べ過ぎて、こんなに美味しいこれを
一口しか食べられませんでしたとさ。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top