2015
03.14

河津桜を見るバスツアー

Category: ■雑談
お得な旅情報をピックアップして週一で送ってくれるメルマガに登録してる。
たまに自分では探し得ない情報が載っていて、ラッキーなおこぼれを頂戴するが
このバスツアーもそのひとつ。
河津桜を見に行き、帰りに干物屋とかまぼこ屋によるというもの。
食事がついてないのも気に入った。
美味しくない団体客用のごはんを食べるより、現地の気分で探したいわ。
桜祭りの会場では3時間もフリータイムがあるのだ。
お値段土曜発でも5500円也。

出発の日は、朝から雨で、しかも息が真っ白になるほど寒かった。
新宿のツアーバスは最近西口の駐車場から出発するのね。
各社ののぼりがたち、添乗員さんが声をからして呼び合っている。
別の場所で待機しているバスが入ってくると、お客さんたちが引率されて乗り込み。
恐ろしいほどの人数が出発していくのだった。
どのバスになるのか、ちょいどきどき。



途中の休憩は足柄SAのみという、快調さ。
渋滞はまったくない。
朝方雨だったから、車でレジャーに出かける人が少なかったんだろう。
東名から伊豆半島に入り、現地に近づく頃には晴れ間が見え始めた。
そして、会場に着いたのは11時30分頃だったわ。
土曜日の、祭りの期間中に、この時間に着くのはすげーことなんだそうだ。
1週間前の晴天の土曜日は、河津にバスが着いたのが、なんと16時30分
だったんだって!想像しただけで、げんなりしちゃう。
一体帰着したの何時だったんだろ。
3時間もあるから、たっぷり歩こうっと。



この濃いピンクはソメイヨシノにはない色よねえ。



桜ビールなるものを買いました。
酵母に桜を使っているんだって。
ダンナは、イノシシの串焼きを買いましたよ。



完璧に晴れて、汗ばむほどの陽気ですわ。
東京を出る時に雨だったなんて、嘘みたい。



川沿いには足湯が何カ所かあって、無料で入れます。



親切にも、脱衣所まであるのでした。
お湯はほどよい熱さで、体がほかほかに。



ああ、きれいねえ。桜並木のいろどり。



菜の花とのコントラストも素敵なんです。



途中のお店で金目鯛の入ったコロッケ買いました。150円也。
じゃがいもの甘さも美味しくて、これはもう1個買ってもよかったな。



イカなんかも焼いてました。
ちゃんと炭火でしたわ、1個200円という安さ♪



西伊豆にある佐野製麺さん発案のイカスミ麺を使った海賊焼き。
3月5日に放送された「もしもツアーズ」が河津だったそうで、この海賊焼き
桜まつりグルメの2位にランクインしたとか。



暖かいものも食べたかったので、おうどんも頼みました。



地元のスーパー、「フードストアあおき」さんに入ると、驚愕のしなものが。
わあ、日本各地の市場やスーパーを見てきたけど、イルカを食用で売っているのは
お初でがんす。
このあたりでは、食用にする習慣があるのだなあ。
肉質は鯨によく似ているのね。



バスの駐車場付近で、すごい桜を見つけた。
「かじやの桜」というらしい。



この迫力である。
満開の桜は、目前まで迫り、滝のように花をそよがせていた。
今まで見た中で一番のすごい木だったなあ、圧倒的な存在感だった。



帰路はスーパーあおきさんで買った日本酒をね。
伊東まで海沿いに1本道なのだが、まったく渋滞がないのだ。



3時間散歩したあとなので、バス内でお昼寝した。
お酒も飲ねるし、これもツアーのいいところねえ。
目が覚めると、ちょうど干物屋さんに止まるところでした。
観光バスが4台も乗り付け、バス専用駐車場もない店頭は大混雑。



私、ここの店は知っている。
富戸の「かきの木」というお宿に泊まると、いつも買って帰るから。
添乗員さんが「値段は高いけど、美味しいです」とおっしゃってるのはホント。
しかしなあ、ちょっと前まで小さな古い店だったのに、いつのまにこんなことに。


試食もお茶のサービスもあったけど、とてもじゃないけど並ぶ気も
起きないほどの大行列だった。
観光バスにキックバックをしているようで、購入した方はみなバスを聞かれていたな。


桜を見ていた時は晴天だったけど、バスに再び乗り込んだ頃から
日が陰り。。。伊東あたりではこんな曇天になってました。
ラッキーだったなあ。



最後は小田原の鈴廣さんに立ち寄りました。
本店の隣は、ランチビュッフェなんかも楽しめるレストランや広くてきれいな
売り場がありました。
地ビールも売ってたので、ダンナまたしても1杯買ってた。
これはビールのつまみに車内で食べちゃった。
あさり、菜の花、海老なんかの春の練り物。



まつりの会場で買ったわさび。こんな1本モノが500円でしたわ。
これは小分けして冷凍すればずっと保つそうだ。



スーパーあおきさんで作っている「麦柏」という和菓子。
素朴な味のおまんじゅうです。
会場で買うと2個250円でしたが、そのあとお店に行くと、特売になっており
1個が100円きっていたという(笑)。



鈴廣で買った、豆乳の入ったかまぼこ。
もちもちしていて、変わった食感でした。



これも河津で買ったいろんなもの。
干し椎茸は餃子にもシュウマイにも使うから、いくらあってもよいのだ。
しかも刻んじゃうから、立派などんこである必要もなく。
国産、かつ天日で乾燥してあるというのがいいねえ。
たっぷり入って500円だし。

娘に一番好評だったのが、トマト。
見かけも美しかったが、食べてみて驚きの甘さ!
ざらりとした食感のトマトが多い中、皮までしっかり固くて美味しかった。
ああん、試食があればなあ。
この味なら一箱でもかついで帰っただろうに。


帰りの伊豆スカイラインも、東名も、まったく渋滞なくすいすい。
土曜日なのに、奇跡のツアーだったですねと、帰りに添乗員さんと
喜び合いました。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top