2015
03.10

急遽仙台へお使い

Category: ■雑談
月曜日だっていうのに、仙台へ行くことになった。
それも夕方17時の現地アポである。
「何時に用意が出来るかわからない」と先方にさんざ脅され、帰りはいつになるのやら
というお出かけである。
仙台→東京は21時台に新幹線の最終。
まあそれまでには間に合うだろうと、出かけた。

行きはさすがに飲めないので、お茶とおやつ。
ホームの売店で北陸新幹線がらみの記念ベビースターを買いました。



仕事は単純、お金をひたすら数えるだけである。
といっても、数千万の単位(笑)。
自分的ギネス記録を打ち立て、先方に「早いですねえ」とおっしゃっていただくが
指はぶるぶる、すじは痙攣しそうなんだった。
てか、お金数える機械ってここにはないのかね。
裁判所にも法務局にもあるでしょ、今時さあ。
タクシーで銀行へ行き、ATMに200万ずつ延々と入金し、お仕事完了。

仙台の居酒屋でいっぱいやってくことも考えたが、ひとりじゃつまらん。
ならば車内で飲んでいこうと、高畠ワインのスパークリング(小)を買う。
仙台のナクレさんでいただいて以来、気になっている高畠ワイン。



酒屋の隣の北野で、あの佐藤水産の魚肉ソーセージを見つける。
サーモンとな♪。もちろんお買いあげ。
そしてあまりぐっとくるチーズがなかったので、370円のブリーを買いました。
(やっぱり値段相応に美味しくないのだった。。。)



アーケード街の中で売っていた「みやこがね本舗」のおだんご&芋まんじゅう。
これは家族へのお土産。



これを書いていた今、ダンナが帰宅して、速攻で食べられる。



仙台は雨で、あちこち調べて行くっていう気にはなれなかったナア。
昨年末に行ったばかりというのもあり。。。
ランチ時なら行ってみたいような店はあったのだけど。

でも、帰りの車内は隣に座った人と意気投合し、車内居酒屋みたいになる。
普段は出張もなく、家と職場の往復であるので、こういう出会いも新鮮だわ。
企業で働く男性(同じ年だった)のおはなしが聞けて、いろいろ思うところあり。
仕事のこと、家族のこと、奥さんとの関係。
男のひとは大変だなあ、つくづく思う。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top