2015
04.07

青華こばやしさん

もともとは食べログで知り合ったご夫婦なのだけど、お酒も美味しい物も
とても好きな方たち。
久しぶりにお会いしましょということになり、お店をおまかせすると
うなるようなところをさくっと予約してくださり、しびれる。

昼は1組、夜は2組しかお客を取らないそうだ。
今回のように通っている方につれてきて頂く以外は、予約取れない。
どうしてか、うかがってわかった。
大将ひとりで下ごしらえから調理から片づけからお会計からなさっておいで
なんだもの。

カウンターだと4名座れますので、早速席について。
貸し切り状態のお店に入るのは初めてです。

見たことのないような太いのれそれ。
まさかの葛切りかと思ったくらい(笑)
さっぱりと効いたお酢がよいわ、薬味までも全部間食してしまう。



白バイ貝を殻からはずして丸ごと。
これを人数分を作るのは、どんなに手間がかかっているか。
貝は好きだけど、これはちょっと静かになってしまったくらい、いいバイ貝。
最高の料理人が、素材の良さを生かして調理すると、こうなるっていう。



間違いなく、今までの人生で食べた中で一番のあん肝。
なめらかで、ほのかに桜色になっているとこを見るだけで、美味しいだろうと
思うわよね。一口食べてはしびれ、一口食べては涙がちょちょぎれる。
これは一体なんなんだ!!!
まだ3品目なのに、驚きを隠せなくなってく。



お椀の中身は、ふわっふわの白子。
ちょっと焼き色をつけてあるのをほおばれば、白子の旨味が脳天を直撃する。
天然とらふぐの白子。。。これだけの品物はそこらの飲食店では仕入れられないだろう。
菜の花があしらってあり、出汁は贅沢この上ない。



鯛のお造りは、あり得ないほど身が厚くて。
もちもちとした感触、寝かせてあるから旨味もひとしおで。



白子の次は身をいっちゃいましょうということで、ふぐをいただきます。
こんなにも美味しい魚なんだということを再確認させられますね。
あさつきを山ほどのせてほおばると、口の中が幸せで溢れる。



マナガツオの塩焼き。
魚を焼くという技術をここまで極められるのか。。。



大好物の蟹ですが、私ちょっとおなかがいっぱいになってきました。
まだお料理は続くので、ダンナに半分食べてもらいます。
黄身酢の具合がよくて、なんとも上品なお味でしたわ。



鯛アラ酒蒸しは、昆布のうまみが溢れた一品。
なんて素晴らしい。
いろんな調味料を使うんではなく、ごくごくシンプルに仕上げたこういうのは
家庭では絶対にまねができないなぁ。
もともと好きな部位なので、きれいに骨だけにしちゃいました!



お雑炊も鯛です。
最後の方はギブギブと思いつつ、食べるのをやめられない。



デザートに、晩白柚(ばんぺいゆ)という大型の柑橘を生姜で
煮たものです。柑橘に生姜って聞くと、ちょっと想像つかないですが
実際はとても美味しい。



ビールから始まり、お酒を飲み、昼間からとっても気持ちよくなってしまいましたが
これも大人の贅沢ということで。
お値段はそれなりにしますが、これだけのお料理をいただけるなら納得です。
あ~、素晴らしかったなあ。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top