2012
07.13

マカオでのショーを予約

旅の1日目の高雄、2日目の台南を、この2日ほど集中してして調べてた。

前に高雄に行ったことのある旅友さんは、いまいちな感想だったようで

ううん、調べれば調べるほどそうかもって思えてきた。

これなら台北から入って、新幹線で1泊2日くらいの旅にすればよかったよ!

高雄に飛んでるJLさんは、夕方発のみなんだもん、丸1日損したわ。

今から区間変更したくても、空席ないし、第一手数料ひとり3000円とられちゃうし。


ま、それはおいといて。

今日はマカオに着手(笑)

どうせ、なんかしょぼいショーだろうと勝手に想像していた「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」

ですが、なんかシルクドソレイユばりのすっごいスケールらしいわ。

(そもそも舞台演出しているのは、シルクの元プロデューサー)

構想に5年、出演するキャストは総勢77名、世界18カ国から700名以上のパフォーマー

の中から、オーディションで選抜された方々。全員に水泳の訓練とスキューバライセンスの

取得が義務付けられたそうで。。。特注の大型リフトと劇場だけでも、総制作費約20億円だって!


HPには英語もあるので、さくさく予約可能。

途中、代表者のパスポートナンバーが必要ですが、あとは支払いまで完了できます。

座席は、どこらへん希望というのも選べますが、私は「今予約できるベストシート」

というのを選択して、自動的に割り振ってもらいました。

そのほかにも、スプラッシュ必至の最前列席なんてのもあって、出演者の表情が

よく見えるという意味では楽しいかもね。


ちなみにお値段は、VIP席は1280パタカ(HKDと同じ)

A席は880パタカ

B席は680パタカ

C席は380パタカ

学生席というのを発見。ホントは国際学生証でないとまずいかもしれないけど

まあ同じ漢字の国だし、日本の学生証でも大丈夫やろ~(楽観)。娘は790HKDでした。


学生証の提示が必要なので、Eチケットにはできませんでした。

なので、1時間前にまでに窓口に引き換えに行かないと。

購入した時のクレカは絶対に必要ですってさ。


マカオは今年出来たばかりのコンラッドに泊まるのが目的でしたが

これは思わぬお楽しみが増えたわ。

公式サイト http://thehouseofdancingwater.com/

関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://ritahayworth.blog.fc2.com/tb.php/8-05e076f5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top