2015
05.16

ジャカルタのリッツカールトン

年末年始に行く予定の、インドネシア。
旅の最後は飛行機乗り継ぎの関係でジャカルタに1泊しなくてはならない。
ジャカルタに2ヶ所あるリッツカールトンのうち、パシフィックプレイスに決めました。
メガクニンガンのリッツより、こちらのほうがお値段は少し高め。
時期的なものもあるけど、はっきりいって、六本木のリッツと同等のお値段だよ~。
いま、インドネシア経済はすごい勢いでまわってるのだなあ。

客室は21階から25階までのよう。
スーペリア グランド クラブ20室
デラックス グランド クラブ23室
エグゼクティブ グランド クラブ8室
メイフェアー クラブ スイート7室
メイフェアー クラブ スパ スイート2室
ザ・リッツ・カールトン スイート1室
プレシデンシャル スイート1室からなる全62室(ホテル客室のみで)ですって。
外資系の有名ホテルとしては、かなり小規模な。
できたてのアマン東京ですら84室もあるのにねえ。

さて、ここ重要(ホテルのサイトから)↓
「ザ・リッツ・カールトン ジャカルタ‐パシフィック プレイスは、ご宿泊の全ての
お客様がクラブ ラウンジのファシリティーをご利用いただける
はじめての
リッツ・カールトン」だそうで。
すべての客室からクラブラウンジにアクセス可能なんだって。
箱根のハイアットが、宿泊者全員向けにカクテルタイムをもうけているのと一緒ね。
あそこシャンパーニュがフリーフローで、ロビーはとても素敵な空間だったな。

さて、The Ritz-Carlton Jakarta, Pacific Placeですが。
ホテルHPからの予約は467.06USD、某予約サイトからは295USD。
どちらも一番安いお部屋で、2日前までキャンセル可能な、税サ込料金です。




Expediaだけが、なんでか安い。。。
疑問に思いつつ予約入れたんだけど、確認メールを見て固まる。
「レジデンスとは???」



ぐぐってみると、このリッツカールトンにはホテル客室とコンドミニアムとがあるみたい。
まずはリッツカールトンの予約センターに電話するも、土曜は休みらしく、アメリカに
電話を転送するという。
希望により通訳サービスもあると案内されましたが、ちょっと面倒くさそうだな。
Expediaの問い合わせ先は24時間無休なので、こちらにかけてみるか。。。
以前部屋タイプの変更した時にえらいこと大変だったんで(しかも料金引き落とされた
後だったから余計に)、それ以来使ってなかったけど、今回の予約はキャンセル料金
なしの現地払いだったからいいかと思ってしまったのよね。

背後の雑談が丸聞こえだったのでわかったけど、電話は中国につながった様子。
ホテルかと思って予約したらレジデンスと書いてあるんだけどどう違うの?と聞くも
レビューには特に悪いことは書いてないから問題ないんじゃないかとの答え。
じゃあここのリッツカールトンはホテル宿泊者は全員クラブラウンジアクセス可能
だけど、レジデンス宿泊者はどうなのかしらと聞いてみた。
担当者さんのお答えは、「自分の経験からするとできないと思う」だった。。。
(だよね~)と思いつつ、そんな不確かな情報流しちゃっていいのかなと驚きつつ
その場でキャンセルを申し出ました。


やっぱリッツカールトンから直接予約入れようっと。
こちらは通常料金。



もひとつタグがあって、こちらは割引料金ね。



バリでは贅沢しないからいいんだ~い。
旅の疲れを癒すために、最後はまったりホテルで過ごそう。
どうせ大渋滞だし、見たいものもないし街にも出ないで。



笑っちゃうことに、翌日予約サイトからこのホテルをもう一度検索してみると、レジデンス
宿泊の料金が消えていたわ。
そりゃそうだ~。
同じくくりで表示されたら、ホテルだと思って間違えて予約しちゃうひともいると思うもん。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top