2015
06.10

二七日(ふたなぬか)

Category: ■親が惚けた
初七日の次の七日間がふたなぬか。
亡くなって2週間はたってないけど、早めに法要をする分にはいいそうで。
名古屋へ行く用事があったのでお寺に寄り、お経をあげてもらいました。
義父の亡くなった月でもあるので、いいタイミングでした。
七日間ごとにお経をあげてもらうというのは、都内ではあまり聞かないかも。
先祖代々の仏壇のあるような家なら、やるのかしら。

お寺のあるあたりは、東京でいう歌舞伎町みたいな場所。
繁華街である栄や女子大小路も近いのでね。
少し早めに着いたので、公園で休憩していました。
何かを食べているひとのまわりに集まってくるのは、鳩でなくカラス。
えらいことたくさん来たねえ。
苦手なひとにはたまらないだろう。



駅に直結した建物は、リニアの乗り場。
がんがん工事中でした。


久しぶりに来ると、新しいお店や建物が増えていて、驚くわ。
そうだ、とうとうこの4月に名古屋にもギャレットポップコーンが進出したらしく
すっごい行列ができてました。
日曜日ということもあったにせよ、1時間半待ちのかんばんが出てました。


出張中だったダンナは、会社へのお土産を買い、私は娘からリクエストされてた
赤福を買う。
豊橋本店のちくわで有名なヤマサで、練り製品も買いましたー。
ちくわよりも、こういうのの方が好きだなあ。



ホームに入ってきた列車は、あらま学生さんで満杯。
表示が修学旅行となってるのがおもろー。
一本丸々貸し切りなのねえ。



次は四十九日があるので、7月にもまた名古屋に行くのだ。
新幹線の車窓から見る田園風景が、青々としていて目にしみた。
田植えをしたばかりの田んぼもあり、空の雲を写す鏡のようだったわ。
1時間半くらいの距離とはいえ、往復するとどっと疲れてしまうのぉ~。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top